2022年04月22日

2022年5月号

2022.05.jpg

表紙の用紙が、ECMを特集した2月号と同じマット紙になっている。先月号は普通のコーティング紙に戻っていたので、使い分けをしているのだろうか。マット紙の方がしっとりして良い感じで、他のオーディオ誌と差別化する意味でも、マット紙を続けて欲しいと思う。

特集は「メーカー試聴室から学ぶ 再生メソッド」。アキュフェーズ、エソテリック、日本音響エンジニアリング(旧ヒビノ)、フェーズメーション、フォステクス、マランツ、ラックスマン各社の試聴室の取材を行っている。さすがに凄いな〜と思うリスニングルームで、天井が高くてエアボリュームが大きく、構造的に定在波対策されていて、堅牢な造りで振動を排除している。たしかに素晴らしい……のだけれど、これらを参考にするとなると物入りだ。ハードはとてもかなわくても、ラックスマンのケーブルの扱い方とか、ソフト面で参考になればもうけものだ。

いっそのこと、自社試聴室で仕事として音楽を聴いている人たちが、プライベートではどのようなオーディオ環境を調えているのか、そこまで踏み込んで取材していった方が、参考になるかもしれない。案外にラジカセやブルートゥーススピーカーで聴いていて、「こっちの方が仕事っぽくなくて、リラックスして聴けるんですよねえ……」なんて人もいるかもしれないけど。

いずれオーディオ用に設えた「リスニングルーム」を造らないとダメ……といった観念はない方がよいと思うのだけれど、どうだろうか。もちろん同誌そう主張しているわけではないけど、まだ足を踏み入れていない人はそのように受け取ってしまうかもしれない。庶民は住環境に合わせていくしかないのだから、たとえば木造アパートの一室、分譲マンション、隣家がすぐそばに建っている持ち家、あるいはデスクトップ、それぞれの環境でどう満足していくか、そういう特集の方が健全な気がする。たとえばフルレンジユニットで、位相がそろった反応が速い音なら、低音がボンボン出なくても幸せになれるるとか、そういう観点は必要だと思う。

「学生対抗スピーカー甲子園」は、楚々とした美女が登場するのは嬉しいけど、作品と一緒の写真ばかりでは、ジェンダー的にも問題はありはしないだろうか。自作曲のウクレレ弾き語りを披露しているくらいの人なら、その作品をそれぞれのスピーカーで聴いてコメントしてもらえば良いのにと思う。オッサン評論家よりも、「自分の声をどのスピーカーで聴きたいか」の女性の方がよほど鋭い評価ができるかもしれないのに、飾り物にしておいてはもったいない。

「Stereo試聴室」では、目の玉が飛び出るような価格の製品はないけれど、それにしてもオーディオが高くなったというか、いやそれよりもデフレと企業の内部留保で日本人の購買力が下がったというか、トホホなことを感じさせられる。ELACのブックシェルフスピーカー、Cocentro S503はペアで¥1,430,000であって、断じて¥143,000ではない。どこがどうなってそんなに高くなるのか、技術的な側面からの解説が欲しいものだ。「特性を測って、1000個に1個の割合でユニットを選別している」とかね。

「音楽人巡礼」は、出ました田中伊佐資さん。この人の文章は読んでいて、気持ちが良い。屈折したところがなくて、音楽とオーディオを楽しんでいるのが伝わってくる。「いい音 いい場所 いいお店」の「Cafe Accha」は、こういうお店だったらぜひ行ってみたい。なかなか東京に行く機会がないけど、亀戸とかあそこらへんの雰囲気は好きだ。60歳を機に店を出したと言う店主氏の生き方も、素敵だと思う。

鈴木裕さんの「仏・アトール コアモデルアンプの実力に迫る」は、リビングでオーディオを楽しんでいる人には参考になると思った。福田正光さんの「オーディオの新常識」では、5万円のレコードプレイヤーと、4万円のワンボディコンポをテストしている。峰尾昌男さんの「火の鳥電機」は、骨董品の真空管アンプの修理。こういう記事の方が、付録のラックスマンのキットやスピーカー自作記事と調和すると思う。「生活空間のオーディオで音楽を聴く人」をターゲットに絞っていった方が、読者の共感を呼ぶように思うのだ。だから187万円のフォノイコライザーとか、1億円超のスピーカーとか……もう、いいか。次号の「ライブ盤が好きだ」も、期待しています。
posted by あおのり at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽之友社 月刊 stereo

2022年03月24日

2022年4月号

2022.04.jpg

第1特集が「アンプスリム化計画」、第2特集が「第4回学生対抗スピーカー甲子園」。この「甲子園」って、どうにかならんのか(笑)。若い人たちに「オーディオってカッコいいな」と感じて欲しいのに、「甲子園」は旧態依然の権威主義と根性路線だ。カッコ悪い。

「アンプスリム化」は「自分で持てないアンプを買ってどうするの?」という、オーディオ人口の高齢化に対応したものなのだろうか。タイムリーと言えばタイムリーだけど、そういう趣旨だとちょっと寂しいよね。まあたしかに、体力に自信がある人はいざしらず、還暦を過ぎたら30kg以上の製品は避けた方が腰のためには良さそうだ。ポックリ逝っちゃても家族に大迷惑をかけないで済むし。

冒頭の井上千岳さんの「ミニマル・オーディオのススメ」には、興味を惹かれた。ぼくにしてみたら、ちっともミニマルではない。スピーカーこそエラックBS312でミニマルだけど、アキュフェーズのセパレートアンプにCDプレイヤー、ラックスマンのアナログプレイヤー、その他の陣容なのだ。スピーカーだけが妙にちっこくて、「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉オヤジを連想させる。

これでは<小型スピーカーは能率が低いので、ドライブするには大出力のアンプが必要>という、固定観念そのままではないか。アンプをコンパクトにするには、スピーカーを大型化して高能率にしないとダメ、という理屈になってしまう。その固定観念を打ち破るのが、デジタルアンプなのだろうけど、音はどうなんでしょうね。

「アンプスリム化」のメリットは、テレビのあるリビングに無理なく置けるということだろう。アキュフェーズのセパレートはダメでも、プリメインだったら置けるのだ。どうしてもセパレート化したかったら、せめてパワーアンプだけでもコンパクトな機種にしないとダメだ。もう一つのメリットは、「粋」だと思う。大げさなキカイを揃えるのはカネにモノを言わせているようで野暮じゃないか。そう感じる人もいるだろう。小さくてもモノとしての存在感があって、音も良ければ、オーディオのファンも増えるのではないだろうか。

ここのところSTEREO誌には見目麗しい女性がよく登場するが、今月号はヴァイオリンの廣津留すみれさんだ。KEFのハイエンド機種を聴いて、語ってくれる。「美女と音響」は良いと思う。それもレース・クイーン的なお飾りではなくて、音楽や音をよく知っている人が出てきてくれるのは新鮮だ。そもそも、女性の方が耳は良いのではないかと思うのだ。以前に妻が「この頃、全体的に質が下がったと思う」とポロリともらしたときには、インパクトがあった。ただ彼女たちは耳が良くても、「音が良いからって、どうなの?」と無頓着なだけだ。「質が下がったのは、どこがどんな風に?」と聞いても、「何となく」としか教えてくれないし。

製品のレビューで、あまりのカッコ良さにまいったのがオーロラサウンドの「モノラル・フォノイコライザー EQ-100」だ。1枚のSP盤のために、あるいはモノラル録音されたLPのために、あるいはステレオLPをモノラル化して聴くために、イコライジングカーブを選択できる。フロントパネルのデザインが、道具としての魅力に溢れている。これとモノラルの真空管アンプ、そしてスピーカー1本で聴くのは粋だろうな、と思う。ぼくはやらないけど。

生形三郎さんの自作スピーカーは、傑作だ。書棚の中に、10cmフルレンジのスピーカーが組み込まれている。と言うか、スピーカーが組み込まれた書棚なのだ。これだったらアパート暮しの家庭でも、タンスや食器棚の上にスピーカーが追いやられることもない。どこかのメーカーが、こんなタイプのスピーカーを製品化してくれないだろうか。アンプを内蔵してBluetoothでも聴けるようにすれば、売れるよきっと。

他にはB&Wのスピーカー、805D4がレビューされているが、小型機のリファレンス的存在の機種なので、興味のある人が多いと思う。福田雅光さんの「オーディオの新常識」では、コンパクトなCDレシーバーをFMチューナーとして使うという、なかなか面白い企画だ。4機種がテストされている。ただ聴くに値する番組が、まだあるのかどうかが問題か。NHKのジャズ番組、「セッション」ってまだやってるのかな? ピーター・バラカンさんの「セローニアス・マンク」の映画についての記事も、良かった。
posted by あおのり at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽之友社 月刊 stereo

2022年02月23日

2022年3月号

2022.03.jpg

2月号の「ECMとオーディオ」の次は一転して、「和ナログ 〜蠱惑の昭和歌謡〜」でびっくらこいた。それにしてもこの表紙、凝っているではないか。素晴らしい。ちなみに机上のにあるのはTEACのレコード・プレーヤーとアンプ群。アルミ製のプラッターだとダイキャストの精度はどうなのかと気になってしまうけど、TEACのアクリル製のプラッターを採用した製品は優れものだと思う。余計なことだけど、小型のアンプにハンドルを付けるのは止めた方が良いと思う。必然性のないデザインは、結局は美しくない。

さて特集の昭和歌謡だけど、ぼくには全く興味がない。というか、子どもの頃に歌謡曲に飽き足らなくなってポール・モーリアとかの「洋楽」を聴いて以来、西洋かぶれ一筋のぼくにしてみたら、あえて聴きたいとも思わない。ついでに言えば歌謡曲も西洋かぶれの一種であって、「和」を味わうのであれば、能狂言や落語の方が楽しめると思う。ECM特集が一般受けするとは思えないけど、この歌謡曲特集とどっちが販売部数が伸びるのかは興味のあるところだ。「国産カートリッジ 群雄割拠の時代の音は」は、面白かった。もうちょっとMM型、とくにグランツがOEM提供していたビクターとか、ソニーXL15とか、テクニクスの安いやつとかまで広げてもらったら、読者の役にたつのではないだろうか。MM型は針交換できるし、その針をJICOがまだ提供してくれている。

「新製品を聴く」では、マッキントッシュのMA12000が凄い。48.9Kgという重量は、一人だったらどうやって動かすのだろう。立派なハンドルがついているけど、縦にして動かしても大丈夫なスピーカーターミナルなのだろうか。二人で連れ持ちしても大変かもしれない。B&W 804D4はハイエンド・スピーカーとして現実的な価格の製品なので、興味を持っている人は多いと思う。アキュフェーズE-5000が「注目製品ファイル」で取り上げられていて、井上千岳さんの文章は、ぼくが実際に聴いたときの印象と合っているように思う。フィンクチームのスピーカー「KIM」は本当に音が良さそうで、これが50〜60万円だったらどうしようかと悩むかもしれないけど、187万円では、ねえ。

特集の歌謡曲は守備範囲外だったけど、小さな記事は面白く読めるものが多かった。「音の見える部屋」の嶋田亮さんは、これまで見た魔窟系の部屋の中では、いちばん良い音がしそうな雰囲気だ。こんなところでリスニング三昧できたら、楽しそう。歴代のDENON DL-103とDL-A110を聴く企画も、良いと思う。ピーター・バラカンさんのブルー・ノートに関する記事も面白く読めたし、紹介されていた映画も見てみたいと感じた。

そう言えば、度肝を抜かれた広告があった。「エージングに何年かけるつもりですか?」と、各種ケーブルに電流を通して「エージング」を短時間で完了させるTelosのキカイが、なんと3,850,000円(税込)。電線病も終末期には「エージングで救われる」という観念に憑りつかれるらしいけど、その治療に用いる医療器械として考えれば高くない……のか。
posted by あおのり at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽之友社 月刊 stereo

2022年01月23日

2022年2月号

2022.02.jpg

なんと! 特集は「ECMとオーディオ」。荒涼としたモノクロームの表紙は、ステレオタイプだとは思うけれども、ECMのイメージではある。下のヘーゲルのアンプは、ECMの看板エンジニアだった故ヤン・エリク・コングスハウク氏がリファレンスとして言及していたそうだ。ヘーゲルの音は聴いたことがないけれど、簡素なデザインと凝った電源回路でECMとの類似性を感じさせる。エソテリックの広告記事で山之内さんが書いているアヴァンギャルドのホーン・スピーカーはあんまりECMのイメージではない……けれども、実際にどう鳴るのか聴いてみたいとは思う。メーカーの方でも特集にリンクするのは、気が利いている。

特集記事は力を入れて編集、取材したのがうかがわれるし、読み応えのある記事が多かった。ジャズ評論家の岡崎さんや、日本の代理店を務めたトリオの稲岡さんは定番的な人選かもしれないけれど期待に応えているし、縁のあったミュージシャンやエンジニアのインタビューも興味深い。矢澤孝樹氏の「鬼才マンフレート・アイヒャーの実像」は簡潔な文章でECMの本質に迫っていて、感銘を受けた。また「レコード芸術」の「レコード・アカデミー賞」を受賞した「ブラームス ピアノ協奏曲第1番&第2番 / アンドラーシュ・シフ」について、同誌の編集部員にインタビューしているのは音楽之友社ならではの強みを活かしている。

「欧州製スピーカーで聴くECMの世界」はミッドレンジのブックシェルフ・タイプの機種に集中していて、機種の選び方がドンピシャだと思った。唯一残念に感じたのは、「MY ECM! 愛聴者11人の私的名盤」の執筆者の人選だ。お店で流す側(元、も含む)のお三方は、音や音楽ついてよりも自分を語っていて、もうホントにしょうもないのだ。何を言いたいのかが分からなくて、人柄の方が分かってしまうというのは、モノ書きとしてはいただけないと思う。

福田さんの「オーディオの新常識」では、「10万円以下の低価格フォノイコライザーアンプ」の聴き比べで、こういうことはどんどんやって欲しい。ぼくの合研ラボのフォノイコは3万円以下だけど、これも聴いて欲しかった。かたや「注目製品ファイル」にはEMTのフォノイコライザー、「128」も取り上げられている。税別140万円で、スイスメイドのアルミくり抜き筐体にサブミニチュア管と特注のルンダール製トランスを搭載しているそうだ。ロレックスの貴金属時計のようなもので、まず筐体にお金がかかっている。そして中身は大昔の必要悪だったトランスや、趣味性の高い真空管を積んでいる。こうなると実用品ではなくて嗜好品であって、それを実用品メーカーのオーディオテクニカにいた潮さんが大推薦しているのは、本気でそう思っているのか? ちょっと聞いてみたくなった。

トライオードの管球式アンプ、「EVOLUTION」はKT88のプッシュプルのプリメインアンプで、税抜き48万円。電子ヴォリュームを採用しているのが、革命的なんだろう。どうにも残念だと思うのが、パネルの表示だ。ボコボコの文字?が赤く光っているけど、これでは視認性が悪いだけでなく、とてつもなく安っぽく見えてしまう。でも表紙にも載っているヘーゲルはきちんとフォント(書体はヘルベチカ?)を表示していて、ちっとも安っぽく見えない。たとえ何万円か高くなったとしても、キレイな方が売れると思う。

「ステレオ時代」を発行している牧野茂雄さんが、「音楽人巡礼」に登場している。この人の部屋は、いや家がそうなのかもしれないけど、魔窟だ。音楽とか音とかじゃなくて、キカイが好きな人だということが分かった。自動車評論家だし。ぼくは骨董品に興味はないけど、「お宝鑑定団」に出て来る一風変わった人たちを見のが好きで、録画して見ている。それと同じような感覚かな。今月号の「音の見える部屋」は飛び切りゴージャスな装置だけど、主様はあまりにもマトモで素敵で優しそうな人で「良いなあ」で終わってしまうのであった。
posted by あおのり at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽之友社 月刊 stereo

2021年12月22日

2022年1月号

2022.01.jpg

「ベストバイ・コンポ」が掲載される1月号は、買いそびれることがあった。と言うことは今年の新製品をチェックするために1月号「だけ」買う人たちがそれなりに居るということでもあり、毎月買っているけど賞レースに興味がないぼくのような人間は買わなくても良い号なのだ。それでも禁断症状が出ると困るので、買ってしまった。

概観すると入力機器とアンプでは、国産ブランドはけっこう頑張っている。TEACやテクニクス、ヤマハがオーディオにしっかり根を貼ってきている。スピーカーがクリプトンとテクニクスだけというのが残念で、新製品(税別1本74万円)を出したTADがこれからどう展開できるかは興味がわく。フォノイコライザーは大豊作だったと言って良く、「レコードを聴くこと」が趣味として確立されて、音への影響がカートリッジよりも大きいことも認知されて来たからだろう。新製品投入して毎号せっせと裏表紙に広告を掲載していたマッキントッシュが空振りに終わっているのは、この雑誌の良心でもあるだろうけど、大丈夫なのかと思ってしまう。

マッキントッシュが実に立派なメーカーであると菅野沖彦さんが絶賛していたし、それはその通りだとは思うけれど、とどのつまりデザインが日本人好みではないのだと思う。「使ってみたいなあ」と思わせるものがない。「ジャズにはJBL、JBLにはマッキン」と定番化されていた頃は良かったのだろうけど、そろそろデザインを一新してみてはどうか。いやそうしたら、さらに売れなくなるかもというのが、伝統あるメーカーのジレンマだろう。マッキントッシュにしてもマランツにしても、その始まりは革新的な製品を世に送り出して名声を得たはずで、そのスピリットの方を受け継いでもらいたいものだ。

デザインで言えば、ラックスマンのプリアンプは160万のCL-1000でまともになった。110万のC-900uのように調整がデジタル表示されるようなのはダメだと思う。表示と操作がひとつに結晶している「ツマミ」の方が、うんと優れているのだ。ぼくはどっちにも縁がないけど、気がついてくれてありがとうって感じだ。アキュフェーズのプリメインアンプ、E-5000は片チャンネル240W(8Ω)で凄い。大出力のアンプをヴォリュームを絞って使うと歪が大きくなる、これはアンプ設計の教科書に書いてあるそうだけど、実際のところはどうなんだろう。実用の数ワットでもたとえばE-380を凌駕しているのかどうか、聴いてみるのが楽しみだ。

「ピーター・バラカンの新・音楽日誌」は、ミュージシャンたちの人となりやバラカンさんの音楽の嗜好も率直に語られていて、いつも楽しく読ませてもらっている。「因みにぼくはロバート・プラントがかつて在籍したあのバンドは最も苦手な音楽の一つで、そこを離れた後の彼を聴いて初めてヴォーカリストとして興味を持ちました」と、「あのバンド」が「苦手」と語るのがイギリス人のメンタリティなのか、バラカンさんの奥ゆかしさなのかわからないけど、ぼくのように名称を挙げてずけずけと書くのが良いものかどうか考えさせられてしまった。
posted by あおのり at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽之友社 月刊 stereo