2022年09月21日

2022年10月号

2022年10月.jpg

どうです、この写真。カートリッジのメタル感、周囲の光の落ち方やボケの具合、見事としか言いようがない。このカートリッジはオーディオテクニカのAT-ART20で、330,000円らしい。MCカートリッジが30万しても、もうすっかり耐性がついているので何とも思わないけど、手ごろな価格帯で勝負してきたメーカーだけに裏切られたような気分にもなってくる。同社のカートリッジは何個も買っているのだから、「裏切られた」と言う権利?は、あるような、ないような。

さて特集は「アナログレコードが出来るまで」で、かなりニッチなところを攻めている。マスターテープから塩化ビニールの円盤まで、どんな過程があるのか興味がそそられる人は……いるのかもしれない。ぼくにしてみたら、アナログLPの歪みを証明するようなものだと思う。何しろカッティング・エンジニアが刻んだラッカー盤(凹)→メタルマスター(凸)→メタルマザー(凹)→スタンパー(凸)→レコード盤と、つまりは5回の物理的な変容を遂げているのだ。溝の刻みがそのたびに微妙に変わって、音が歪んでいくことは容易に想像ができる。その歪みがヒトの耳には、心地良く聴こえることもある……のだと思う。

だから……エソテリックの770万円(アームつき)のアナログ・プレイヤーとか、いくら何でもやり過ぎじゃないかと思ってしまうのだ。同じくエソテリックが輸入しているアヴァンギャルドの3000万円台のスピーカーもそうだけど、「できたら導入したい」という夢にすらならないのでは白けませんかね。同誌には「トランジスタ技術」や「共立エレショップ」とコラボした「MCカートリッジ用ヘッドアンプ」\15,400が掲載されていて、シェルにバッファアンプが乗っているのは面白ろそうだ。こういうのは、面白いんだけど……。トータルでせいぜい車一台分、その程度でオーディオ機器を作る努力をして欲しいし、そういうものを紹介して欲しい。車だってうんと高いのはブガッティとかあるけれど、アラブの石油王しか買えないんだから。

「STEREO試聴室」ではデノンのプリメインアンプ、PMA-900HNE 132,000円が紹介されている。フォノイコライザーもネットワークもデジタル入力も積んでいて、オールマイティに使える一台で、これからオーディオを本格的にやってみたいという人には良いのではないだろうか。エラックのスピーカー UFR52 \297,000もそうだけど、庶民にも手に入る機種が評価の対象としてまっとうな位置にあるのを見ると、ホッとするのだ。おカネのことばかり言っているのも情けないけど、オーディオが大勢の人たちで楽しめるものになって欲しい。

いちばんに読み応えがあった記事は、「セイジ・オザワ松本フェスティバルの舞台裏 〜バランスエンジニア深田晃の録音現場に迫る」だった。執筆は渋谷ゆう子さんで、音楽の現場を広く深く知らないと書けない記事だと感じた。峰尾昌男さんの「火の鳥電機」とキヨトマモルさんの「クラフト・ヴィンテージ」は相変わらず勢い良く突っ込んでいて、興味のある人にはたまらない記事だろう。あとだれとは言わないけど、惰性でだらだら書いているとしか思えない人たちもいて、何だかなあと思ってしまう。みんなジイさんだから仕方ないのか? 「あんたがジジイなんだから、人さまををジジイと呼ぶんじゃない」と妻に言われる昨今でございます。
posted by あおのり at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽之友社 月刊 stereo

2022年08月23日

2022年9月号

2022年9月.jpg

特集は「厳選! オーディオスポット巡礼」。コロナ禍による半導体不足や円安のために、オーディオ製品は在庫切れ、廃番、値上げの三拍子が続いている。新製品がゴロゴロ出て、ただそれを紹介していれば良い時代ではないということか。製品を紹介しても、買う段になってモノがないということもあり得る。編集する人たちも、ライターに足で稼いでもらうしかなくなっているのかもしれない。「巡礼もの」の次は、中古製品とか使いこなしとか、そのあたりになるのだろうか。
 
それでもあちこちのお店が紹介されると、遠方であっても「ここに行ってみたい」と思ってしまう。コロナ疲れでお出かけを欲しているのだろうけど、出かけようとすればコロナを気にせざるを得ないという有様で、いずれコロナに縛られているのだ。オーディオのおかげで居ながらにして音楽に浸れるのは、大いなる福音というべきであろう。「響」や「S」など盛岡のスポットや、ディープな昭和のオヤジにとってはディズニーランドとドンキを足して2で割ったような?三共無線が紹介されていたのは嬉しい。経営的には<「在庫」=「悪」>なのだろうけど、まず行ってごらんなさいよ、頭上から吹き下ろされる在庫の嵐にたじろぐこと請け合いだ。

奥州市の「half note」が閉店していたのは、記事を見て知った。素敵な建物でパラゴンを鳴らしていたけれど、ご苦労さまでした。ぼくは遠くて通うことはできなかったけど、何度かお世話になった。トシを取ってから行く場所がなくなるのは淋しいことで、「ここがなくなったら困る」というお店に通っている人は、売り上げに貢献するか、知人やネット民に紹介しまくるか、とにかく何かした方が良いと思う。「月刊 stereo」も同じことで、これがなくなったら淋しい人は、毎号欠かさず買った方が良いのだ。

「注目製品ファイル」はマッキントッシュのプリアンプ、クワドラルのトールボーイスピーカー、エディスクリエーションのスイッチングハブ、YBAのプリメインアンプとCDプレイヤー。マッキントッシュは取手やメーター(プリアンプに要るの?)、真空管の窓とか、アンティークな見た目にこだわっているようだ。素材や技術の裏づけ、あるいは使い勝手からかけ離れた、ただ見た目にこだわったデザインは奇怪だ。1960年代には必然性があったのだろうけど、必然性のない今になっても形だけ引き継ぐのはいかがなものか。「スイッチングハブ」はネットワークオーディオに使うものらしいけど、全く意味不明の製品だ。鉄針でSP盤を聴いているお爺さんと、同じになってきたことを思い知る。

「ザ・グレート・コンポーネント」で取り上げられているクリークのプリメインアンプは、薄型コンパクトなだけに割高感がすごい。輸入代理店が本気で売りたいんだったら、日本ブランドと聴き比べの試聴会をするべきだと思う。DENONのCDプレイヤーDCD-900NEもうすっぺらい底板にスカスカのパーツ、とくにCDドライブは……とつい思ってしまうけれど、いまやCD専用機は貴重な存在であるからして、リリースしてくれるだけでもありがたい。

福田雅光さんの「オーディオの新常識」は、仮想アースのつなぎ方について。プリアンプ、パワーアンプ、スピーカーのどこにつなぐのか、2箇所つなげば良いというものでもない……と、参考になる。田中伊佐資さんの「音の見える部屋」、これまで色々な人が登場してきたけれど横綱級、それも大鵬か千代の富士か(古い!」というランクのすごい人が登場した。アナログレコードが4万5千枚、スピーカーはオートグラフを筆頭に「200セットくらいは」お持ちだという。見た目がいかにも……の感じではなくて、どこにでもいそうな量産型のおじさん(失礼)なのがまた良い。
posted by あおのり at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽之友社 月刊 stereo

2022年07月20日

2022年8月号

2022年8月.jpg

特集は「バックロードホーンスピーカーの世界」。かつて長岡教徒だったぼくは「ハイ・コスト・パフォーマンス」と「ゲテモノ音源」をモノにしてきたつもりだけど、バックロードホーンだけはいただけなかった。低音が別物のように鳴っている個体しか知らなかったし、いや音がどうこういう以前にかさばって置き場所に困るし、あれだけのものを作る根性もなかった。定期購読しているから手に取るようなものの、書店に買いに行くのだったら敬遠していたかもしれない。

ところがどっこい、読んでみるとけっこう面白い記事が多かった。まず力の入り具合が、並大抵ではない。編集長が「スーパースワン」の製作を、編集者の守屋氏に依頼。ここまでやる雑誌なのだ。長岡教の伝道師たる炭山アキラさんと、アンチ・バックロード派の試聴/対談、バックロードホーンの工房やジャズ喫茶の探訪も良かった。バックロードに関心がない人には、フィデリティムサウンドのNC7v2、横浜ベイサイドネットの15cm2ウェイパッシブキットなど、ニッチで面白そうな製品を取り上げている。フィデリティムはマークオーディオのユニットを無垢板のエンクロージャーに収めていて、ぼくが使っている Linfof Audio 製とはコンセプトが一緒だ。

「Stereo視聴室」では、国産の高級MCカートリッジが2機種、そしてラックスマンのアナログ・ターンテーブル、PD-151 MarkUが載っていて、アナログ・ブームは衰えていないようだ。ラックスマンのターンテーブルはトーンアームのメーカーが廃業すると聞いて、この際に買ってしまおうかどうか迷っていた。迷っているうちに手に入らなくなって、縁がなかったものとあきらめていたのが、アームがSAECに替わって10万円高くなった。ダストカバーに5万円、いまどきDIN規格のアームケーブルというのも萎える要素だ。いま使っているターンテーブルにとくに不満があるわけじゃないから、浮気するなってことだろう。

福田雅光さんの「オーディオの新常識」と、田中伊佐資さんの「ヴィニジャン」は、両方とも仮想アースを取り上げている。とくに「ヴィニジャン」の金井製作所のは、安価だし効果も絶大(そう感じさせる文章力もあるだろうけど)みたいなので、これは試してみたくなる人も多いのではないだろうか。

生形三郎さんの「夢の低音行脚」は、ダイヤトーンのエンジニアだった佐伯多門さんを訪問している。160cmウーハーって、こんなクレイジーなことを本気でやっていた人がいることに、まず驚く。これは神戸万博の三菱館で、ロケット発射音を再生するために開発されたのだとか。民生用として発売された80cmウーハーのD-80も写真が載っていたけど、こんな350Kgもある代物を購入した人が何人いたのだろうか? 世の中には凄いことをする人もいるもんだと思ったけど、こんなことをしていたからダメだったんだよなあ……と、ダイヤトーンの消滅を残念にも思うのだ。

個人的には、わが故郷の新潟県にある「ハセヒロオーディオ」が取り上げられたのがうれしい。工場の一角にある視聴室でていねいにもてなしてくださった社長さん、ホントに良い人です。横浜ベイサイドネットも新潟県に移転して、視聴室も充実させるらしい。ハードオフの紫竹山店も有名になってきたことだし、新潟のオーディオは盛り上がっているのかな。あのどんよりした冬の空、そして降り積もる雪……オーディオでもやっていないと気が滅入るからね。
posted by あおのり at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽之友社 月刊 stereo

2022年06月20日

2022年7月号

2022.07.jpg

特集は「いい音で聴くラジオ」。FM放送のAM化というか、じっくり音楽を聴かせてくれる番組が少なくなったとは言え、FM放送は遠くから発信された信号をアンテナとチューナーで受けて……と、オーディオの楽しみがある分野だ。コンテンツは「FMのAM化」であっても、電波の方は「AMのワイドFM化」と追い風が吹いている。スマホにラジコの時代にあって懐古趣味のように見えるかもしれないけど、新しいオーディオファンを獲得してゆく、一つの切り口であることは確かだろう。何と言ってもきちんと設置されたアンテナとチューナーで受けた放送は、音が良いのだ。

ありがちな「今でも新品で買えるチューナー」を紹介するのではなくて、FM放送局を取材したり、お勧めの番組を紹介したり、アンテナを設置するくだりがあったり、放送を楽しんでいる人の手記が載ったり、あるいはアキュフェーズを取材したりと、力の入れ具合が素晴らしい。吉野編集長が所有するアナログチューナーとTEAC PD301X(ハーフサイズのチューナー搭載CDプレイヤー)の比較試聴記を書いているのも、良かった。

評論家の山之内さんと編集部によって、「ミュンヘン・ハイエンド」も紹介されていた。コロナ禍で製造できないことが影響しているのか、試作品にとどまりそうなものか、やたらに高そうなものが中心だったけど、M2TECHのA級モノラル・パワーアンプ「LARSON」は210mm角の立方体で、現実的なサイズだ。コンパクトなモノブロックだったらスピーカーの近くに置ける(ということはケーブルが短い)し、プリアンプからバランスケーブルでつなげば、ケーブルによる音の劣化を最小限にできる。これは、そそられる人が多いと思う。

キヨトマモルさんの「クラフト・ヴィンテージ」、「カーチューナーをオーディオとして使う!」は今号で完成だ。こういう記事は楽しい。乗りつぶしたクルマを処分するとき、たいがいの人はオーディオをつけたままにするだろうけど、取り外しておけばこんな風にも使える。あるいはヤフオクなどでも手に入れることが出来るだろうし、敷居の高い電子工作というよりは日曜大工の感覚で取り組める。

「Stereo試聴室」では現実的な価格の機器も紹介されているが、高いだけでしょーもないアンプも取り上げられている。「しょーもない」のは「見た目重視」ということであって、機能や素材、製造プロセスにそぐわないデザインは、工業製品として美しくないのだ。そういうのは音を聴く前から、「大したことないんだろうな」と思ってしまう……のはぼくだけか? やはり道具としての慎ましさや、用の美を感じさせるものであって欲しい。

「注目製品ファイル」のラックスマン PD-151MkUはアームをSAEC製にして再登場した、アナログプレイヤーだ。アキュフェーズのパワーアンプ、P-7500はAB級で300W×2(8Ω)の大出力だ。ラックスマンもアキュフェーズも、日本製ならではの生真面目さが出ていて、健在なのはうれしい。DENONのプリメインアンプのPMA-1700NEも掲載されているけど、いずれ日本のオーディオ製品がもっと評価される日が来るのではないだろうか。

「テラシマ円盤堂」は相変わらずで、「ラウンド・ミッドナイト」を丑三つ時とか何とか言ってるけど、寺島靖国さんはジャズもオーディオも論じていない。ケニー・ドーハムのプレイが「多分にマイルスを意識している」って、ドーハムが聞いたら墓の下から化けて出て来るだろう。マイルスはミュートをかぶせて静寂を表しているけど、それは後に続くコルトレーンたちの演奏があるからこそ成り立つ美だと思う。この人はコルトレーンの良さを分からないことに、いら立っているのではないか。「坊主憎けりゃ……」で「何たる馬鹿馬鹿しさ」とまでこき下ろすこともなかろうに、と思うのだ。一方ドーハムはオープンで吹いていて、楽器の鳴りそのものはマイルスよりも響いていて、こっちは直球勝負だ。

「ピーター・バラカンの新・音楽日記」ではジャズ・ハーモニカの巨匠、トゥーツ・シールマンス(バラカンさんは「トウッツ・ティールマンス」と表記しているが、検索をいくつもかけるようになってしまったら、言葉を増やす功罪はあるだろう)が取り上げられている。彼が自分よりはるかに若いピアニスト、ロブ・フランケンの影響を受けて練習していたのは、良い話だと思った。冒頭の「サウンド・フォーカス」も「音の見える部屋」も良かった。
posted by あおのり at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽之友社 月刊 stereo

2022年05月23日

2022年6月号

2022.06.jpg

表紙は白抜きの「ライヴ盤が好きだ」の下に、「Live Albums」と銀で書かれている。昨今はなかなかライヴを体験できないので、オーディオでライヴ盤を楽しみましょうということか。想像するに音楽家にとってはスタジオ録音が「作品」なら、ライヴ録音は「記録」だろう。だったら聴く方もそれなりの装置、セッティング、聴き方をしていきましょうという目のつけ所は良いと思う。

萩原健太、ピーター・バラカン、天辰保文の鼎談は、タダの音楽好きとして語り合う企画で、こういうのは楽しく読める。萩原さんはNHK-FMの番組では、曲にまつわるウンチクをあれこれ語ってから最後に曲名を紹介して、曲をかけていた。曲を知ってからウンチクを聴いた方が連想が広がるだろうに、不親切だ。業界用語で「引っ張り」というのか、せっかちなぼくにはとても聴いていられない代物だった。江戸の仇を長崎のそのまた離島で討ってやりたい気分だ。

「クラシックディスク史に名を残す ライヴ録音10選」があって、ナゼ同じようにジャズのライヴ盤が取り上げられていないのだ? 演奏者と聴衆との相互作用がライヴ盤の妙味であって、それを一番に楽しめるのは……落語だろう。落語は音楽じゃないか。その次が即興でやるジャズで、その次はひたすら盛り上げるロック。クラシックは謹聴するだけなのに、果たしてライヴならではの面白味があるのだろうか? コンサートホールの響きを含んだ音を聴く、ということか。ライヴだと録音のためにマイクを林立させるわけにいかないから、素朴なマイクのセッティングになる。楽器にマイクをくっつけたようなのが好きな人もいて、それは好みの問題ということになるのだろう。

「ライヴを魅せる・聴かせるスピーカーはどれだ?」は、面白い企画だった。タイプの違うブックシェルフ・スピーカーを、8機種取り上げている。老舗のJBLからは4309が登場していて、たまにはJBLで聴きたいよなあなどと思ってしまう。細かいことは気にしないで、あっけらかんとした鳴りを身体で受けとめるのも、たまには良いと思う。

「Stereo試聴室」には、トライオードのKT88プッシュプル プリ・メインアンプ TRV-88XRが登場。この価格で低能率のスピーカーも十分に鳴らせる(であろう)真空管アンプというのは、魅力的だと思う。トランジスタのフォノイコライザーまで内蔵されている。アキュフェーズのパワーアンプP-7500は8Ωで300Wの大出力で、49Kgという重量も衝撃的だ。4人の評者がそろって「9」以上(藤岡さんは9.5)をつけた製品というのも、記憶にない。テクニクスのスピーカー SB-C600はペアで11万円のコンパクトなモデルで、位相にこだわった点音源スピーカーとして存在感がある。何はともあ、れ国産ブランドには頑張って欲しい。「マネシタ電機」などとはもう言いません、はい。

「注目製品ファイル」では、エソテリックの Grandioso T1が「価格未定」で掲載されている。マーク・レヴィンソンなんかもターンテーブルを出しているし、アナログブームは凄いことになっているのだと思ってしまう。それにしても200gもない塩ビの薄っぺらい板を回転させるのに、46Kgの本体に18Kgの電源部をあてがうというのは、何か違うんじゃないか。デジタルという技術がなかった時代のアナログレコードに、途方もなく手間と物量を注ぎ込んで、何人の人が楽しめるのだろうか? それよかテクニクスのSL-1200M7Lは12万円で、金色のトーンアーム、ボディは7色の展開で、こっちの方が楽しそうじゃないか。

田中伊佐資「ヴィニジャン」は「川越レコード旅情」で、自分もいつか行ってみたいと思うような記事だ。田舎暮らしが板についてトシを取ってくると、東京のど真ん中を歩くと人に疲れてしまう。川越をぶらぶら歩いて、たまには鰻も食べてみたい。糖尿病の予備軍から正規軍に昇格したと宣告されたので、甘ったるいタレのかかった鰻もどんぶり飯も、それをかっこむように食うのも、ご法度なのだ。「さんざん歩き回ったから、たまには良いんじゃない?」と、心の中の悪魔がそそのかしてくれるだろう。
posted by あおのり at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽之友社 月刊 stereo