2021年06月14日

即興曲 / デヴィッド・ヘイゼルタイン   CD

hazeltineimpromtu.jpg

デヴィッド・ヘイゼルタイン(p)という人は、聴いたことがなかった。チェスキー・レコードの録音にひかれてつい買ったら、「バイノーラル・シリーズ」でヘッドフォン向けだった。スピーカーで聴くと、音場が多少真ん中に寄って遠くに感じるが音そのものは良い。問題は内容でドビュッシー、バッハ、ショパン、ベートーヴェン、チャイコフスキーと、クラシックの名曲をジャズにしている。ハーモナイズが見事で違和感なく聴けるけど、ジャズのダイナミズムをまるで感じない演奏だったら、黙ってクラシックを聴いていた方が良くはないか? ホテルのラウンジ向け。(Impromptu / The David Hazeltine Trio  2013 Chesky Records)
タグ:Chesky
posted by あおのり at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 2010年〜

2021年04月29日

アンイージー / ヴィジェイ・アイヤー    CD

vijayiyeruneasy.jpg

ヴィジェイ・アイヤー(p)はインド系、リンダ・オー(b)は中国系、タイショーン・ソーリー(ds)はアフリカ系という背景をもち、アメリカで暮らしている。「アンイージー」(不安)は、いつ爆発してもおかしくないアメリカ社会の病巣への不安を表した曲。ジャケットでは自由の女神が崖っぷちにいるように、決してハッピーな雰囲気ではないが、音楽の密度は濃い。ドラムが鮮烈でベースがこもり気味、エコーも希薄でECMらしからぬ録音なので、持ち込み音源なのかもしれない。(Uneasy / Vijay Iyer Linda May Han Oh Tyshawn Sorey   2019 ECM)
タグ:ECM
posted by あおのり at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 2010年〜

2021年04月20日

この素晴らしき世界 ルイに愛をこめて / スイート・ジャズ・トリオ   CD

sweetjazztriowhatawonderfulworld.jpg

スウェーデンのスイート・ジャズ・トリオ、コルネットを吹くラッセ・トゥーンクビストは80歳を超えているし、マッツ・ラーション(g)もハンス・バッケンロス(b)も、相当に良いお歳だと思われる。音はスカスカだけど失速しない、凄いプレイはないけど退屈しない、スタイルは古いけど古臭くない、あるのはサッチモへの敬慕と音による対話、そしてくつろぎだ。もし自分がミュージシャンで、そしてチャンジイこいたら(もうこいてる?)こんなのを演りたいなあ、と思うのだ。これはクインの佐々木賢一さんから、いただいた。これはと思う新譜が出ればせっせと買って、聴かせてくれたのだから、賢ちゃんはある意味ジャズ喫茶をやっていたのだ。(What A Wonderful World  To Louis With Love / Sweet Jazz Trio  2017 Spice of Life)
posted by あおのり at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 2010年〜

2021年03月20日

五本線 / 佐藤芳明    CD

gohonsen.jpg

アコーディオンの佐藤芳明さんは、新宿ピットインで森山威男(ds)さんのライブで初めて目にした。ただ珍しい楽器を用いているというだけではなくて、音楽のクォリティを保ってサックスやトランペットと渡り合えるのは素晴らしいことだ。これは会場で買い求めたミニ・アルバム。合田瞳(per)、壷井彰久(vln)、鬼怒無月(g)、田中信正(p)、鳥越啓介(b)とのデュオが1曲ずつ、そしてソロが1曲収められている。短くても、濃密な時間になっている。(Cinq Lignes / Sato Yoshiaki  2015 黒猫堂)
posted by あおのり at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 2010年〜

2021年03月18日

ブラック・コーヒー / 俵山昌之クインテット  2CD

blackcoffee.png

「俵山昌之 Quintet in Kyoto」にさかのぼること2年前の録音。メンバーは同じく俵山昌之(b)、松島啓之(tp)、岡 淳(ts, fl)、納谷嘉彦(p)、小山太郎(ds)で、選曲のまあシブいこと。録音はぼくの好きな距離感というかオフマイク気味で、ライブハウスで聴いている音そのまんまだ。テナーサックスの岡さんが運営しているレーベル、Mock Hill Recordsからリリースされているので、コロナでライブに行けずにウズウズしている人は、ぜひ取り寄せて聴いてみて欲しい。ささやかでも、ミュージシャンへの支援につながると思う。(Black Coffee / Tawarayama Masayuki Quintet  2017 Mock Hill Records)
posted by あおのり at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 2010年〜