2022年05月21日

アーバー・ゼナ / キース・ジャレット    LP

keitharbourzena.jpg

学生時代は、トリオレコードから「ブルー・モーメント」の名前で売られていた。よく中古盤屋のエサ箱に入っていたから、手放す人が多かったのだろう。少ない予算で一枚でも多く聴きたかった当時でも買わなかったのは、ストリングスが入ったのなんか下らないと思っていたからだし、その青臭い観念がいまとなっては懐かしい。

キース・ジャレット(p)、ヤン・ガルバレク(ts, ss)、チャーリー・ヘイデン(b)と、ムラデン・グテシャ指揮のストリングス(シュトゥットガルト放送交響楽団)によるアルバムで、3曲ともキースの自作曲(オマージュであり、具体的に名前が挙げられているのはチェロ奏者のパブロ・カザルス)で構成されている。グテシャはもともとトロンボーン奏者で、ジャズの編曲を数多く手がけているだけに、ジャズのビートが沁みこんだ指揮をしているように思う。とは言っても、「ジャズ」と言うよりは「現代音楽」なのだろう。

「ジャズとクラシックの融合」は、ボーダーレスのいまとなっては陳腐ですらなく、居場所のない言葉になってしまった。でもこれが吹き込まれた1970年代には、大マジメに取り組む人もいただろうし、それが新しい時代の音楽だと受け止めた人もいたのだろう。いまあらためて聴いてみると、この録音はジャズでもクラシックでもなく、両者を融合したものでもなく、ただひたすらに音楽であると思う。キースは唸らずにキレのあるピアノを弾いているし、ガルバレクはよく歌っている。ヘイデンはA面のみの参加で、しっとりとした音色でソロを聴かせてくれる。(Arbour Zena / Keith Jarrett   1975 ECM)
タグ:ECM
posted by あおのり at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代音楽

2022年03月20日

タンゴ・ゼロ・アワー / アストル・ピアソラ    CD

tangozero1986.jpg

アメリカン・クラーヴェのキップ・ハンラハンによるプロデュース。すべてピアソラの自作曲で、演奏は彼のバンドネオンの他にヴァイオリン、ピアノ、ギター、ベースによる、「ニュー・タンゴ・クインテット」によるもの。打楽器は入っていないがリズムの切れ味が鋭く、音楽がダイナミックに展開する。情熱や哀愁など、豊かな情感も伝わってくる。タンゴという音楽にはなじみがないけど、これは素晴らしい。何度でも聴ける。(Tango: Zero Hour / Astor Piazzolla   1986 Nonesuch)
posted by あおのり at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代音楽

2022年02月15日

吉松隆 ピアノ協奏曲「メモ・フローラ」 他 / 田部京子 藤岡幸夫指揮 マンチェスター室内管弦楽団

yoshimatsumemoflora.jpg

田部京子(p)に献呈された表題曲の他に、管弦楽曲の「鳥は静かに……」、「天使はまどろみながら……」、「黄色モビール」、「白い風景」を収録。田部は「天使は……」でも加わる。どの曲も「美しい」という言葉が陳腐に感じられるくらい、美しい。とくに表題曲はロマン派の「ピアノ協奏曲」にありがちな、大音量のピアノと超絶技巧で大編成のオーケストラに挑むようなお祭り騒ぎ(それはそれで魅力的なときもあるけど)とは無縁で、静謐の中から音が浮かび上がる。花びらが開いて、散って、舞う。その動きと香りに、命のたくましさやはかなさを感じる、一編の詩を読むようだ。録音は明るめの音が大きく広がっていく感じでで、曲想にも合っていると思う。(Takashi Yoshimatsu Piano Concerto 'Memo Flora' / Kyoko Tabe Manchester Camerata Sachio Fujioka   1988 Chandos)
posted by あおのり at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代音楽

2021年11月29日

伊福部昭 交響二題 / 石井眞木指揮 新交響楽団 他 

koukyounidai.jpg

釈迦の一生を「交響詩風にまとめた」、「交響頌偈『釈迦』」と、ゴジラの音楽を主体にした「SF交響ファンタジー第1番」を収録。「オーディオ超絶音源探検隊」に掲載されていて、伊福部作品を聴いてみたいので取り寄せてみた。管弦楽に合唱が加わって伊福部らしいスケールの大きな音楽が展開されているが、録音は「超絶」と言うほどのものではないと思う。超絶なのはアマチュアによる演奏だということで、しかもライヴ録音なのだ。(Works By Akira Ifukube:Symphonic Ode "Gotama The Budda"  Symohonic Fantasia No. 1 / The New Symphonic Orchestra Maki Ishii  Fontec)
posted by あおのり at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代音楽

2021年11月16日

石井眞木 遭遇U 武満徹 カシオペア / 小澤征爾指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 ツトム・ヤマシタ    CD

cassiopeia.jpg

オーディオ超絶音源探検隊では炭山アキラ氏が「改めて聴いてみるとこの盤、お化けですね」とゾッコンだった。武満作品はツトム・ヤマシタ(perc)による演奏を念頭に書かれたもので、彼の異能ぶりは常識破りだ。雅楽と出会う石井作品の、ダイナミックレンジも凄い。杉並公会堂での録音は、エンジニアを海外から招いている。「探検隊」が求める「ギョッとする音」どころか、「オシッコちびる音」と言っても良いだろう。(Maki Ishii SoguU  Toru Takemitsu Cassiopeia / Orchestre Philharmonique Du Japon  Seiji Ozawa   1971 Warner Classics)
posted by あおのり at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代音楽