2022年09月17日

CD82 ゼレンカ ピセンデル 協奏曲集 / フライブルク・バロック・オーケストラ

82 Zelenka.jpg

ヤン・ディスマス・ゼレンカ(1679〜1745)とヨハン・ゲオルク・ピセンデル(1687〜1755)は、ともにドレスデンのザクセン選帝侯に仕えた宮廷音楽家で、親交があったらしい。とくにピセンデルは作曲家としてはまれに見る? 高潔で謙虚な人柄で、ゼレンカの死後は故人の作品の出版に尽力したらしい。ゼレンカはコントラバス、ピセンデルはヴァイオリンと手にした楽器は違うが、ほぼ同時代に活動していた二人の作品を交互に聴かせてくれる。作風は似ていて、典雅で優美だ。(Jan Dismas Zelenka Johann Georg Pisendel Concerti et al. / Freiburger Barockorchester  1995 Deutsche Harmonia Mundi)
posted by あおのり at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Deutsche Harmonia Mundi

2022年09月09日

CD80-81 ザヴァテッリ 教会ソナタ風室内協奏曲集 / フライブルク・バロック・オーケストラ

80 Zavateri.jpg

ロレンツォ・ガエタノ・ザヴァテッリ(1690〜1764)は、イタリアの作曲家でヴァイオリン奏者。バッハより5歳下にあたるが、欧州の宮廷を渡り歩いて音楽活動をしていたらしい。このCDは12曲からなる協奏曲集の、全曲録音としては唯一のものだとか。ヴィヴァルディのスタイルに近いけど、ヴィヴァルディのように何を聴いても金太郎アメということはない。演奏はいきいきしているし、録音もクリアで音が澄んでいる。(Lorenzo Gaetano Zavateri  Concerti / Freiburger Barockorchester 1995 Deutsche Harmonia Mundi)
posted by あおのり at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Deutsche Harmonia Mundi

2022年08月20日

CD77-78 トマス・トレホン・イ・ベラスコ 「バラの紫」 / ザ・ハープ・コンソート 

77 Velasco.jpg

トマス・デ・トレホン・イ・ベラスコ(1644〜1728)が作曲した「南半球で初めてのオペラ」で、ペルーのリマで1701年に公演されたらしい。スペイン語の原題は「バラの紫」でも、その英訳は「バラの血」になっている。演奏しているザ・ハープ・コンソートは、アンドリュー・ローレンス・キングの指揮による通奏低音のアンサンブル。この作品はスペイン・バロックの感じだけど、現地の民族音楽や楽器(太鼓)も取り入れられているようだ。長々しいセリフもないし、仰々しくもなくて、楽しめる音楽になっている。(Tomas de Torrejon y VeLasco   Purpla de la Rosa / The Harp Consort   1999 Deutsche Harmonia Mundi)
posted by あおのり at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Deutsche Harmonia Mundi

2022年08月16日

CD76 テレマン カンタータ 「一日の時」  / フライブルク合唱アンサンブル

76 Telemann 4.jpg

テレマンの世俗カンタータで、一日を朝・昼・夕・晩の四つに分けて、それぞれソプラノ、アルト、テノール、バスの歌手に独唱させるという面白い構成になっている。何回も聴いているけど、旋律が美しく、見事に構成されているために、新鮮な心持ちで聴きなおすことができる。歌唱が見事だし、楽器とのバランスも良く取れている録音だ。(Georg Philipp Telemann  Die Tageszeiten / Freiburger Vokalensamblue   1988 Deutsche Harmonia Mundi)
posted by あおのり at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Deutsche Harmonia Mundi

2022年07月17日

CD75 テレマン 協奏曲と序曲集 / フライブルク・バロック・オーケストラ 

75 Telemann 3.jpg

「ドン・キホーテ組曲」、「二つのブロックフレーテのための協奏曲」、二つのヴァイオリンのための協奏曲」、「三つのオーボエのための序曲」の4曲を収録。きっぱりとした歯切れの良い演奏で、爽快感がある。チェンバロやリュートが伴奏に使われていて、奥行きを与えているように感じられる。(Georg Philipp Telemann Suites (Overtures) - Concerto / Freiburger Barockorchester  1994 Deutsche Harmonia Mundi)
posted by あおのり at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Deutsche Harmonia Mundi