2022年12月29日

アナザー・オパス / レム・ウィンチェスター     CD

anotheropus.jpg

フランク・ウェス(1922〜2013)は、カウント・ベイシー楽団での活躍が有名なテナー・サックス奏者。フルートはプロになってから学校に入って本格的に学んだもので、「サックスの人が持ち替えで吹いてる」というレベルではない。フルーティストとしての魅力を存分に出したアルバムとして知られているのは、ミルト・ジャクソン(vib)の名盤、「オパス・デ・ジャズ」(1955)だろう。

「アナザー・オパス」は、「オパス・デ・ジャズ」の二匹目のドジョウを狙ったものだろう。録音はおなじみのルディ・ヴァンゲルダーだけど、英国のエスクワイアからリリースされている。ご丁寧にもレム・ウィンチェスター(vib)とガス・ジョンソン(ds)以外は、「オパス・デ・ジャズ」と同じ顔触れだ。「オパス・デ・ジャズ」で叩いていたケニー・クラーク(ds)は、すでにヨーロッパに渡っていたので無理だったのだろう。レム・ウィンチェスターは、ミルト・ジャクソンよりもクールでスムーズなスタイルを確立している。フランク・ウェスは「オパス・デ・ジャズ」よりも奔放に吹いているし、ハンク・ジョーンズもグッと前に出ている。続編というのはたいがいがダメになるけど、これは知られざる大名盤だ。レム・ウィンチェスターの作品としても、最高傑作ではないだろうか。(Another Opus / Lem Winchester  Avid Jazz 1961)
posted by あおのり at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1960年〜

2022年12月18日

レムズ・ビート / レム・ウィンチェスター    CD

lem'sbeat.jpg

レム・ウィンチェスター(vib)が、オリヴァー・ネルソン(ts)をアレンジャーに迎えて作ったアルバム。他のメンバーはカーティス・ピーグラー(as)、ビリー・ブラウン(p)またはロイ・ジョンソン(p)、ウェンデル・マーシャル(b)、アート・テイラー(ds)となっている。オリヴァー・ネルソンは「ブルースの真実」でアレンジャーとして一躍有名になった人で、その後のジャズに及ぼした影響も大きかった。それはそうなんだろうけど、ウィンチェスターの名義のアルバムなのにこれでもかとソロを吹きまくっている。ピーグラ―も初めて聴いた人だけど、朗々と調子っぱずれで、やる気満々のイモほど迷惑なものはないのだった。(Lem's Beat / Lem Winchester  1960 Avid Jazz)
タグ:PRESTIGE
posted by あおのり at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1960年〜

2022年12月11日

カンザスシティ組曲 / カウント・ベイシー・オーケストラ      LP

kansascitysuite.jpg

これは一関のベイシーで聴かせてもらって、自分でも買った一枚。もちろんぼくのは日本盤で、ベイシーのオリジナル盤にはナマナマしさで及ばないのだろうけど、それでも迫力満点なのだ。カンザスシティはアメリカ中西部の都市で、ギャングが仕切っていた。禁酒法時代でもナイトクラブの営業が盛んだったために、大勢のミュージシャンがバンドを組んで演奏していた。ベイシーも東部から出稼ぎにきていたので、思い出の街だ。ヤバかった故郷に思いを馳せて、組曲に仕立てたのがこのアルバム。ベニー・カーターが作編曲を担当していて、これがまた素晴らしい。リズム隊もホーンもゴキゲンだし、ベイシー御大のピアノは冴えていて、美味しいところを聴かせてくれる。(Kansas City Suite / Count Basie and His Orchestra   1960 Roulette)
タグ:Roulette
posted by あおのり at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1960年〜

2022年12月09日

アフリカ/ブラス / ジョン・コルトレーン    LP

africabrass.jpg

コルトレーンはレコード会社をアトランティックから、クリード・テイラーが興したインパルスに移籍した。その第一作が本盤で、ブラスセクションとの共演を果たしている。ジョン・コルトレーン(ts, ss)、マッコイ・タイナー(p)、ジミー・ギャリソン(b)、エルヴィン・ジョーンズのクァルテットに、エリック・ドルフィー(as, bcl, arr, cond)、ブッカー・リトル(tp)、さらには8名のブラス隊とレジー・ワークマン(b)、アート・デイヴィス(b)の2名のベース奏者が加わっている。アトランティックではこんな予算をつけてくれなかったらしい。

A面はアフリカの野生動物を思わせるようなオタケビやイナナキに引っ張られるけど、エルヴィンのポリリズムが冴えているし、コルトレーンは力強くモリモリと吹きまくってくれる。B面は「グリーンスリーヴス」と、コルトレーンが書いたマイナー・ブルーズの「ブルーズ・マイナー」。どのトラックも大編成のダイナミズムとアドリブの妙が感じられ、参謀で参加したドルフィーの才能が開花している。コルトレーンの作品としても素晴らしいのはもちろんで、みんな「バラード」ばっかり聴くんじゃないよっ!て言いたくなってくる。(Africa/Brass / John Coltrane   1961 Impulse)
タグ:IMPULSE
posted by あおのり at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1960年〜

2022年11月17日

ブッカー・リトル・アンド・フレンド      LP

bookerlittleandfriend.jpg

ブッカーリトル(tp)は23歳で亡くなったこともあってリーダー作は4枚しかなく、これはラスト・セッションを収めたアルバムだ。つき合っているのはジョージ・コールマン(ts)、ジュリアン・プリースター(tb)、ドン・フリードマン(p)、レジー・ワークマン(b)、ピート・ラロカ(ds)で、名前の知られた人たちではあるけれど、ちょっと微妙な組み合わせだ。一番の聴きものはB面の1曲目、ワン・ホーンで吹く「イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー」だ。というのも三管編成の曲がアレンジが妙な凝り方(クラシック音楽風?)をしていて、サックスとトロンボーンのソロもパッとしない。リトルのトランペットは快調なのに、惜しい。「ブッカー・リトル」の完成度には及ばないのが残念だ。(Booker Little and Friend   1960 Bethlehem)
タグ:BETHLEHEM
posted by あおのり at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1960年〜