2022年11月25日

CD89 ルイ14世の宮廷音楽 / コンラッド・ユングヘーネル

88 Louis14.jpg

「太陽王」とも称されたルイ14世は、朝から晩まで音楽漬けだったようだ。寝室で眠りにつくときも、限られた演奏家に音楽を奏でさせていた。そんな光景が目に浮かぶような、「Le Trio Royal」の三人組による演奏。ユングヘーネルはリュートとテオルボ、他の二人はフルート・トラヴェルソと、ヴィオラダ・ガンバを奏でる。5人の作曲家の作品が取り上げられているが、いずれも知らない人たちで、読み方も分からなかったりするので、名前はスキップさせてもらう。「宮廷音楽」からイメージされるようなギンギラギンではなくて、素朴でしみじみとした演奏を楽しめる。(Music At The Court of Louis XiV / Le Trio Royal   1993 Deutsche Harmonia Mundi)
posted by あおのり at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Deutsche Harmonia Mundi
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189951163
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック