2022年09月14日

掃除機には10年くらいは働いてもらいたい

家の掃除機が壊れてしまった。パナソニックの製品で、まだ3〜4年しか使っていない。サービスセンターに持ち込んで工場でチェックしてもらったら、基盤とホースの交換で2万円弱かかるとの見積もり。これでは新しく買った方が良いと判断して、修理は止めてもらうことになった。パナソニックはサポートセンターのお姉さんも親切だったし、見積もりを出すまでの料金がかからないのも良心的だ。オーディオ製品だったら、アンプのフタを開けるだけで1万円なんていうこともあるから。

わが家は小さいけれど、猫がいる。いつまでも代打のマキタ君(充電式)に任せておくわけにもいかない。でもサイクロン式は運転音が好きではないし、掃除機の掃除はしたくないから敬遠した。紙パックが残っているので、やっぱりパナソニックかなと思った。これまで二代続けてパナソニックだったのは、「赤ランプ」の魔力にとらわれていたからだ。ハウスダストを吸い込むと、赤ランプ点灯。これが妙にモチベーションを上げてくれて、掃除をするのが楽しくなっていた。機械に使われているみたいで、バカみたいだけれど。

電機店に足を運んで、よくよく見比べてみた。パナソニックの紙パック掃除機は、大雑把に言って、こんな構成になっている。

松:3万円 電動ブラシ + 赤ランプ
竹:2万円 電動ブラシ
梅:1万円

う〜ん、今まで意識してなかったけど、こんなことになっていたのだった。そもそもがブラシを電動式にして多機能にするから、それをコントロールする電子回路がダメになって、基板交換になるのだ。「赤ランプ」もホースの中にセンサーがついていて、ハウスダストを感知する仕組み。今回はこいつもダメになっていたらしい。いっそ単純なやつな方が、耐久性もあるんじゃないか。「赤ランプ」の魅力は捨てがたいけれども、今回は「梅」を買って帰ったのだった。掃除機には10年くらいは働いてもらいたい。
【言わせてもらえばの最新記事】
posted by あおのり at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 言わせてもらえば
この記事へのコメント
猫と暮らし始め、半年。

生活の中で一番の変化は、掃除を頻繁にするようになった事。二階のカーペットを敷いてある廊下続きの六畳二間が、同居人(猫)の主な生活場所。そこでお留守番をしていただいている。

で、掃除機。我が家の掃除機は、サクロン式。ダストケース(ゴミがたまるところ)が紙パックならぬ、ティッシュ・フィルター装着可。二つの部屋を三日に一度の掃除。片手の手のひらに軽く一杯程度の埃と猫ちゃんの毛がフィルターにたまる。これにはビックリ!。

三菱の掃除機。十年ほど前にティッシュペーパーがフィルターになって、集塵されたゴミが「ポン」とゴミ箱に捨てられる手軽さから購入したが、思わぬ活躍。

ティッシュペーパーをフィルターにできる掃除機が他にあるかどうかわからない。あと十年は持ってほしいと願ってます。
Posted by 藤井 明彦 at 2022年09月16日 09:23
そう言えば、ティッシュをフィルターに使える掃除機があったような……。やはり猫が住んでいると、頻繁に掃除機をかけた方が良いようです。毛が落ちるというのもあるけれど、鼻の位置が低い彼らはホコリを吸い込み易いので。

わが家は猫のためにエアコンをつけて、掃除機をかけて、食べ物をしまい込んで……と、すっかり猫本位制をしいております。

Posted by あおのり at 2022年09月16日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189811837
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック