2022年08月21日

CD20 ショパン ピアノ協奏曲 / エフゲニー・キーシン

20 Kissin.jpg

ショパンのピアノ協奏曲、第1番と第2番を収録。モスクワフィルハーモニー管弦楽団をドミトリー・キタエンコが振っている。1984年3月27日の録音で、お決まりの咳とかノイズが入っている。ライヴ録音だろうけど、でも演奏会でこのカップリングはないだろうし……と、不思議なのだ。そして第2番の方が、なぜか音が良い。第1番の方は、レンジが狭いし音がダンゴになって聴こえる。キーシンのピアノは率直で明晰、歯切れが良い。
posted by あおのり at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Legendary Soviet Recordings
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189764585
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック