2022年08月19日

ネイティブ・サン      LP

nativeson.jpg

ネイティブ・サンは本田竹広(key)と峰康介(ts, ss)を中心にしたフュージョン・グループで、このデビューアルバムには、大出元信(g)、川端民生(b)、村上寛(ds)が参加している。アメリカの「スタッフ」がブレイクして間もなく、日本でもフュージョンのグループが雨後のタケノコのように出おてきた。何といっても、お金になったのだだろう。ネイティブ・サンもお金を稼いで、しこたま酒を吞んだらしい。

ぼくは、リアルタイムでは聴いていない。当時はテレビのコマーシャルに使われていて、「ふーん、こんなことやってるんだ」という程度だった。もっとシリアスな音楽にひかれていたし、正直言って退屈に感じていた。でも本田さん、峰さん、村上さんの三人と、ベースは吉野弘志さんが多かったと思うけど、下北沢の「T5」とかでジャズを演奏していたときは、本当に最高だった。20代であのライヴを体験できたことは、自分の中では宝物になっている。

お盆に帰省したときに寄った中古屋さんで見かけて、何となくなつかしさを感じて買ってしまった。未聴盤かと思うほどの状態で、500円だった。いまや、だれも欲しがらないんだろうか。聴いてみると、なかなか良い。少なくとも本場アメリカのフュージョン、この人のとか、あの人のとか、あれやこれやと比べてもノリが良くて上質だと思う。とくに大出さんのギターは異能ともいうべきカッティングで、ビートの先を読んでグルーブをリードする。ソロは取らないけど、文字通りの「リード・ギター」なのだ。(Native Son  1978 JVC)
posted by あおのり at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | フュージョン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189759857
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック