2022年08月13日

お外で淹れる

outdoor.jpg

出先で珈琲を飲むときには、小さなミルでぐりぐり豆を挽いている。申し訳ないけど、備えつけのがっちり酸化した凶悪なヤツは敬遠することにしている。アウトドア用のステンレスマグカップに、ダイソーで買った一杯用ドリッパーを載せて淹れると、そこは新鮮な豆だけあって湯沸かし室に香りが立ちこめる。ぼくが山登りするのを知っている人は、「良いですね、山にももっていかれるんですね」などと声をかけてくれるけど、「ええ、そうなんですよ……」と適当にお茶を濁してしまう。

マジに答えると、山登りでこんな悠長なことはしていられない。風で粉が飛んだり、カップに載せたドリッパーが倒れてしまったりする。抽出すればゴミになる。最大の難点はカフェインの利尿作用で、トイレに行きたくなることだ。こっそり「キジ撃ち」で済ませたとしても、しっかり補水しないと脱水症状になりかねない。だから温かいものが欲しい季節には、粒の麦茶を沸かして保温ボトルに入れることが多い。

ちょっとしたドライブに折りたたみの椅子を載せて、のんびり景色を眺めながら珈琲を楽しむのは良いと思う。このごろハマっているのが、「アルコールストーブ」。アウトドアでお湯を沸かすなら、ガスバーナーが手っ取り早いし自分も持ってはいるけど、「ゴーッ」という音がキカイ的で野暮ったいのだ。たしかにアルコールの火力は弱いけど、「エバニュー」のチタン製アルコールストーブは凄い。火力調節できないのと、火消しの蓋がついていないのはマイナスポイントだけど、すぐにお湯が沸く。
posted by あおのり at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 珈琲
この記事へのコメント
僕、関東在住の頃、厳寒の1、2月、茨木県の大洗海岸の磯場で釣りをするのが、楽しみ(苦痛)でした。狙いは、ルアー(疑似餌)でのスズキ、ヒラメです。

厳寒期、しかも、朝、5時頃の早朝から釣りはじめ、8時頃には、疲労と寒さで熱い珈琲が飲みたくなります。

その時、ホワイト・ガソリン使用のオプティマスのハイカー+(プラス)か、同燃料のコールマンの2バーナーでお湯を沸かしました。しかし、サーフにつきものの「強風」のため、オプティマスでは500CCほどのお湯を沸かすのに、30分以上、コールマンでも20分強ほどかかりました。室内では、5分ほどで湧くのに…。

やっと沸騰したお湯をかじかむ手で「インスタントコーヒーの粉」が入ったチタンカップに入れ、飲む事ができましたが、どんな味だったか忘れました(苦笑)。唇に触れるカップの熱さの方が印象に残ってます。

ただ、お湯が沸く間、バーナーから吹き出る「炎」を見てると気分が落ち着き、体が暖かくなってくるような気がしたものです。
Posted by 藤井明彦 at 2022年08月19日 21:59
藤井さん、釣り人だったんですね。

ぼくはホワイト・ガソリンのバーナーは、使ったことがありません。ジッポのライターに使うやつ、ですよね。あの臭いが、ちと苦手です。でもアルコールは、日中だとほとんど炎が見えないのがさびしいし、へたするとヤケドをします。一長一短ですね。

そこへいくと、いまのガス・バーナーは優秀ですよ。ぼくが使っている「SOTO」のバーナーは「外」を名乗るだけあって、めっぽう風には強いです。あっと言う間に沸かしてくれて、味気ないくらいです。
Posted by あおのり at 2022年08月19日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189747794
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック