2022年07月24日

ブリュー・ムーア・カルテット・アンド・クインテット      LP

brewmoorw.jpg

怒髪天を衝くとはこのことか、まあすさまじいカバーアートだ。ブリュー・ムーア(ts, 1924〜1973)はレスター・ヤング直系のサキソフォン奏者で、柔らかい音色でフレーズが流れるように出てくるが、録音に恵まれていない。晩年は渡欧して、コペンハーゲンで亡くなっている。ハードバップ全盛の時代になってもスタイルを変えなかったので、不遇だったのだろう。ジョン・マラブート(p)、マックス・ハースタイン(b)、ガス・グスタフソン(ds)のカルテットに、曲によってはディック・ミルス(tp)が加わっている。軽やかでリラックスしたジャズを演奏しているのに、なぜゆえこんな絵にしなくてはならなかったのか? なぞだ。
(The Brew Moor Quartet and Quintet   fantasy 1956)
タグ:FANTASY
posted by あおのり at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1950年〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189690948
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック