2022年06月24日

ブレックファスト・イン・ザ・フィールド / マイケル・ヘッジス    LP

breakfastinthefield.jpg

マイケル・ヘッジス(1953〜1979)は日本では押尾コータローなど、多くのアコースティック・ギター奏者に影響を与えたとされる人だ。フォークソングがルーツらしいが、ヴォーカルもこなしたし作曲の才にも恵まれていたので、交通事故で早世したのが惜しまれる。これはヘッジスの才能に驚いたウィンダム・ヒルのウィリアム・アッカーマンが制作したファースト・アルバム。とかく超絶技巧とか変則チューニングで語られるが、情景が浮かんでくるような表現や余韻の美しさが印象に残る。(Breakfast In The Field / Micael Hedges  Windham Hill Records 1981)
posted by あおのり at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189622470
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック