2022年06月23日

CD69-70 ハインリヒ・シュッツ シンフォニア・サクレ 第3集 / ムジカ・フィアータ シュトゥットガルト少年合唱団

69 Schütz 3.jpg

シンフォニア・サクレ(神聖交響曲)は、「ドイツの簡素なポリフォニーとイタリアのコンチェルトを合体させた」ものらしい。管弦楽が充実していて、ゴージャスなつくりになってきている。この演奏は独唱陣も見事で、透明感のある歌声は印象に残るものだ。録音もクリアで、各パートの分離が良いし、全体のバランスも良いと思う。(Heinrich Schütz Symphoniae Sacrae V / Musica Fiata
Kammerchor Stuttgart  1988 Deutsche Harmonia Mundi)

posted by あおのり at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Deutsche Harmonia Mundi
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189620084
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック