2022年05月31日

CD64 ローゼンミュラー 讃美歌・宗教合唱曲 / カンタス・ケルン

64 Rosenmüller.jpg

ドイツでオルガン奏者として活躍していたヨハン・ローゼンミュラー(1585〜1672)は同性愛のかどで投獄され、脱獄してイタリアで「ジョヴァンニ・ローゼンミラー」の名でトロンボーン奏者として雇われ、作曲活動も続けた。高名になって、亡くなる2年前には故郷のドイツに招かれて錦を飾った(のだろうか?)。何とも波乱万丈な人生ではあるが、CDに収められた宗教曲は典雅で清らかだ。合唱はソプラノ二人、カウンターテナー、テナー二人、バスの6人で、少人数編成ゆえの透明感と躍動感が魅力的だ。(Johann Rosenmüller Sacri Concerti  / Contus Cölln Konrad Junghänel  1992 Deutsche Harmonia Mundi)
posted by あおのり at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Deutsche Harmonia Mundi
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189571353
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック