2022年05月30日

カールズ・ブルーズ / カーティス・カウンス     CD

curtiscouncecarl'sblues.jpg

ハロルド・ランド(ts)、カール・パーキンス(p)、カーティス・カウンス(b)、フランク・バトラー(ds)のクヮルテットが3曲で、ジャック・シェルドン(tp)とジェラルド・ウィルソン(tp)が2曲ずつ加わっている。ホレス・シルヴァーの「ニカズ・ドリーム」は有名曲だけど、アレンジも各人のソロも快調で、とくにパーキンスのソロには閃きを感じる。ドラムのバトラーですら長尺のソロを披露する場面があるのに、カウンスはバッキングに徹している。録音は音質そのものは良いが、左右チャンネルは泣き別れしている。(Carl's Blues / Curtis Counce Group  1957-58 Avid Jazz)
タグ:contemporary
posted by あおのり at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1950年〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189569595
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック