2022年05月23日

2022年6月号

2022.06.jpg

表紙は白抜きの「ライヴ盤が好きだ」の下に、「Live Albums」と銀で書かれている。昨今はなかなかライヴを体験できないので、オーディオでライヴ盤を楽しみましょうということか。想像するに音楽家にとってはスタジオ録音が「作品」なら、ライヴ録音は「記録」だろう。だったら聴く方もそれなりの装置、セッティング、聴き方をしていきましょうという目のつけ所は良いと思う。

萩原健太、ピーター・バラカン、天辰保文の鼎談は、タダの音楽好きとして語り合う企画で、こういうのは楽しく読める。萩原さんはNHK-FMの番組では、曲にまつわるウンチクをあれこれ語ってから最後に曲名を紹介して、曲をかけていた。曲を知ってからウンチクを聴いた方が連想が広がるだろうに、不親切だ。業界用語で「引っ張り」というのか、せっかちなぼくにはとても聴いていられない代物だった。江戸の仇を長崎のそのまた離島で討ってやりたい気分だ。

「クラシックディスク史に名を残す ライヴ録音10選」があって、ナゼ同じようにジャズのライヴ盤が取り上げられていないのだ? 演奏者と聴衆との相互作用がライヴ盤の妙味であって、それを一番に楽しめるのは……落語だろう。落語は音楽じゃないか。その次が即興でやるジャズで、その次はひたすら盛り上げるロック。クラシックは謹聴するだけなのに、果たしてライヴならではの面白味があるのだろうか? コンサートホールの響きを含んだ音を聴く、ということか。ライヴだと録音のためにマイクを林立させるわけにいかないから、素朴なマイクのセッティングになる。楽器にマイクをくっつけたようなのが好きな人もいて、それは好みの問題ということになるのだろう。

「ライヴを魅せる・聴かせるスピーカーはどれだ?」は、面白い企画だった。タイプの違うブックシェルフ・スピーカーを、8機種取り上げている。老舗のJBLからは4309が登場していて、たまにはJBLで聴きたいよなあなどと思ってしまう。細かいことは気にしないで、あっけらかんとした鳴りを身体で受けとめるのも、たまには良いと思う。

「Stereo試聴室」には、トライオードのKT88プッシュプル プリ・メインアンプ TRV-88XRが登場。この価格で低能率のスピーカーも十分に鳴らせる(であろう)真空管アンプというのは、魅力的だと思う。トランジスタのフォノイコライザーまで内蔵されている。アキュフェーズのパワーアンプP-7500は8Ωで300Wの大出力で、49Kgという重量も衝撃的だ。4人の評者がそろって「9」以上(藤岡さんは9.5)をつけた製品というのも、記憶にない。テクニクスのスピーカー SB-C600はペアで11万円のコンパクトなモデルで、位相にこだわった点音源スピーカーとして存在感がある。何はともあ、れ国産ブランドには頑張って欲しい。「マネシタ電機」などとはもう言いません、はい。

「注目製品ファイル」では、エソテリックの Grandioso T1が「価格未定」で掲載されている。マーク・レヴィンソンなんかもターンテーブルを出しているし、アナログブームは凄いことになっているのだと思ってしまう。それにしても200gもない塩ビの薄っぺらい板を回転させるのに、46Kgの本体に18Kgの電源部をあてがうというのは、何か違うんじゃないか。デジタルという技術がなかった時代のアナログレコードに、途方もなく手間と物量を注ぎ込んで、何人の人が楽しめるのだろうか? それよかテクニクスのSL-1200M7Lは12万円で、金色のトーンアーム、ボディは7色の展開で、こっちの方が楽しそうじゃないか。

田中伊佐資「ヴィニジャン」は「川越レコード旅情」で、自分もいつか行ってみたいと思うような記事だ。田舎暮らしが板についてトシを取ってくると、東京のど真ん中を歩くと人に疲れてしまう。川越をぶらぶら歩いて、たまには鰻も食べてみたい。糖尿病の予備軍から正規軍に昇格したと宣告されたので、甘ったるいタレのかかった鰻もどんぶり飯も、それをかっこむように食うのも、ご法度なのだ。「さんざん歩き回ったから、たまには良いんじゃない?」と、心の中の悪魔がそそのかしてくれるだろう。
【音楽之友社 月刊 stereoの最新記事】
posted by あおのり at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽之友社 月刊 stereo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189554289
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック