2022年05月04日

Wind Bell OS-25

OS-25.jpg

TEACのターンテーブル、TN-550の足はゴムを挟んだインシュレーターだった。どのくらい音に影響があるのかわからないけど、とにかく「ゴム」というのは良い感じはしない。そうかと言ってゴムを挟まないと、棚板の振動の影響をもろに受けてしまう。特許機器株式会社のインシュレーター、Wind Bellは高い振動遮断性能を誇っており、ヤマハのターンテーブルGT-5000にも使われている。廉価版のOS-25は1万円台前半で買えるが、オリジナルのインシュレーターとそっくり交換できる。

20220504_202039.jpg

ターンテーブルのボディを揺らしてみると、微妙に「ユラユラ」する。もうこうなると、ターンテーブルごとフローティングされているようで、すごいものを持っているような満足感に浸れる。音はくっきりと静かで、ハウリング・マージンの改善もあきらかなようだ。
posted by あおのり at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189512346
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック