2022年05月02日

スインギン・ザ・トゥエンティーズ / ベニー・カーター    CD 

swingin'the'20s.jpg

ベニー・カーターはビッグバンドを率いて、作編曲もお手のものだったし、あらゆる楽器を演奏できたマルチプレイヤーだった。ウィキペディアに間違いがなければ、72歳で結婚して95歳で逝去というのも凄い。これは1920年代のウォール街のショウで演奏された音楽、「君はすてき」や「私の青空」などの名曲を、ワンホーンのクァルテットでスイングしようというアルバム。

カーターのアルトサックスは突き抜けるような明るさで晴れがましく、ミュートをつけたトランペットはちょっともの悲しく、感情表現の幅が広い。名手アール・ハインズのピアノが聴けるのも嬉しいし、リロイ・ヴィネカー(b)、シェリー・マン(ds)とリズム隊も最強。ロイ・デュナンの録音も、くっきりと鮮度が高い。みんな良い仕事をしている、大名盤だと思うけど、いまはあまり聴かれていないようだ。これからジャズを聴いてみようという人にも、お勧め。(Swingin' The 20s Wall Street Lays An Egg / The Benny Carter Quartet   1958 Contemporary)
タグ:contemporary
posted by あおのり at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1950年〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189507442
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック