2022年04月29日

ミドル・マン / ボズ・スキャッグス    CD

bozmiddleman.jpg

楽曲のほとんどは大物プロデューサーになったデヴィッド・フォスター(key)が提供し、TOTOの面々やレイ・パーカー Jr.(perc)など、腕利きが寄ってたかって作り上げたアルバム。ボズの中にいた粗削りなロック野郎はどこかに行ってしまい、ストリングス、ホーン、コーラスも入ったアレンジは、すっかりお手のものという感じで洗練されている。ボズはこのアルバムを出してからリタイアして、レストランの経営に乗り出したそうだけど、もうやるだけやって(やらされて?)飽きてしまったのだろうと思う。もちろんアルバムの出来は良くて、AORの名盤と言われているだけのことはある。(Middle Man / Boz Scaggs   1980)
posted by あおのり at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189501066
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック