2022年04月19日

CD56 ショパン 4つのバラード 舟歌 幻想曲 / クリスティアン・ツィマーマン

56 Zimerman.jpg

これほど透明感にあふれたピアノの響きは、珍しいのではないか。デリカシィに満ちた指使いだけではなく、おそらくはペダルを離すテクニックで音の濁りを防いでいるのだと思う。唯一無二の世界を作り上げている。選曲も渋くて、ゆったり身を浸すことができる。(1988年)

これで「111 黄」のボックスセットは、終了。よく知られた録音ばかりではなく、古楽からスティーヴ・ライヒまで幅広くカバーしていたと思う。長くクラシック音楽を聴いて来た人でも、全部持っている人はいなかっただろう。総じて録音が良く、とくにアナログ録音の成熟期だった1960〜70年代の音は滑らかでコクがあった。ドイツ・グラモフォンの老舗の風格を、あらためて感じた。
posted by あおのり at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Grammophon 111 Yellow
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189477453
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック