2022年03月31日

シルク・ディグリーズ / ボズ・スキャッグス    CD

bozsilkdegrees.jpg

このアルバムはヒット・チャートの上位に食い込んで、「ロウ・ダウン」はグラミーを受賞。「ウィ・アー・オール・アローン」はスタンダード・ナンバーになった。ぼくは5曲目の「ハーバー・ライト」が好きで、何度も聴いた覚えがある。いま聴いても良くできたアルバムだし、古めかしさを感じない。自分が古い人間になっただけかも、しれないけど。セッションをともにしたデヴィッド・ペイチ(key)、デヴィッド・ハンゲイト(b)、ジェフ・ポーカロ(ds)がTOTOを結成することになった。三人とも良い仕事をして、スタジオの雰囲気も良かったのではないだろうか。5枚パック版では後半にライヴでの演奏が3曲追加されていて、これも楽しめる。(Silk Degrees / Boz Scaggs  1976)
posted by あおのり at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189433916
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック