2022年01月22日

CD29 天使の声 フランシスコ・ゲレーロ 宗教合唱作品集 / アンサンブル・ラ・セスティーナ

29 Guererro.jpg

フランシスコ・ゲレーロ(1695〜1764)はスペインの著名な歌手、作曲家だった。聖地エルサレムへの巡礼で誘拐され、身代金を払ってもらって帰国できたまでは良かったが、無一文になって税金を払うことができずに収監された。でも手記を出版してベストセラーになり、波乱万丈の人生を送った人だ。この録音は無伴奏の合唱作品で、ソプラノ2人、カウンター・テナー2人、テナー2人、アルト2人と、高めの編成で歌われている。ゲレーロは機能和声(コード進行)を意識していたとされており、聴き易い。このジャケット通りに美しく、心安らかな歌唱だ。(Francisco Guerrero  The Angel's Voice / Ensemble La Sestina - Adriano Giardina  2011 Deutsche Harmonia Mundi)
posted by あおのり at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Deutsche Harmonia Mundi
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189287032
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック