2022年01月15日

ミュージック・トゥ・リッスン・トゥ / バーニー・ケッセル   CD

barneykesselmusictolistento.jpg

バーニー・ケッセルという人は心性が明るいというか、健康優良児のままスクスク大きくなったというか、モダン・ジャズの屈折よりは、能天気なスイング・ジャズを感じさせる。このレコードは多彩なアレンジを施されたビッグ・バンドをバックに、明るく健康的にギターを弾くケッセルがまぶしいのだ。ジャズではトランペットやサックスが花形で、ギターは脇役に甘んじることが多い。でも白人はカントリーが大好きで、カントリーで使われるギターはやはり聴き易かったのだろう。こういう音楽は、食事やお茶のBGMとして楽しめば良いのだと思う。(Music To Listen To By Barney Kessel   1959 Avid Jazz)
タグ:contemporary
posted by あおのり at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1950年〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189273307
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック