2022年01月05日

Accuphase アキュフェーズ E-800 対 E-5000 聴き比べ

オーディオ・ベースマンにおじゃまして、アキュフェーズのプリメインアンプ、E-800とE-5000の聴き比べをした。スピーカーはB&Wの802D3、ディスクプレーヤーはアキュフェーズのやはりハイエンドだけど、モデルを確認してくるのを忘れてしまった。そんな風にテキトーなのは、どっちにしようか迷っているのではなくて、はなっから縁がないからだ。こんなに大きいとラックには置けないし、こんなに重くては持ち上げられない。メンテナンスに出すころには自分も弱っているだろうから、介護保険のホーム・ヘルパーさんに手伝ってもらわないと無理だ。「あそこの爺さんったらさ〜」と話のネタにされたあげく、フラチな要支援者扱いされるのがオチだろう。その頃にはアキュフェーズさんもユーザーの高齢化に対応して、回収と設置までやってくれるようになるかもしれないけど。

e-800.jpg

E-800はA級で出力50W(8Ω)、重さは36Kg、希望小売価格は1078,000円(税込)。

e-5000.jpg

E-5000はAB級で出力240W(8Ω)、重さは33.8kg、希望小売価格は990,000円(税込)。こちらの方がE-800よりもわずかに背が低いけど、やっぱり恐ろしくデカい。たかが家で音楽を聴くのに、こんなにデカい装置が必要なのか? 英国製のコンパクトなアンプでも十分に聴けるのだったら、これはクレイジーではないか。いやもう自分だってクレイジーの領域に片足を突っ込んでいるのだから、偉そうなことは言えないけど。

視聴ソースはCDでパット・メセニーの「フロム・ディス・プレイス」から1曲目の「アメリカ・アンディファインド」、ラヴェルのピアノ協奏曲第1楽章(デュトワ指揮 モントリオール響)の2曲。両機とも大口径ウーファーを2発積んだ802D3を楽にドライブしているように聴こえた。もっとも店主氏に言わせると、同じアキュフェーズのセパレート機の方が、ダンピングが効いて軽やかに音が出るということだ。そりゃそうかもしれないけど、十分に良い音ではないかと思った。

E-5000はチャンネル・セパレーションがE-800よりも良くて、音が広がる。躍動感があるし、大太鼓の「ドンッ!」はE-800よりもはっきり出る。奇異に感じられる音は一切出てこないし、安心して音楽に身を委ねられるという感じだ。かたやE-800はより楽器そのものに近いというか、たとえば弱音部でのハープのソロで弦が一本ずつはっきり聴こえる。音の広がりはいまいちだし、低域がE-5000よりも下まで伸びているために、逆に線が細く感じられる。総じて繊細でS/N比が高く、音の表情がはっきり出るので、「身を委ねる」よりは「身を乗り出して」聴きたくなる。

E-5000はオーディオ性能が高くて、安心して使えるアンプだと思う。もし音に不満があってもアンプのせいにできないし、海外製品の気難しさや故障に泣かされている人は日本的高性能に安堵するのも良いと思う。でもE-800はワン・アンド・オンリーで、「これで聴くぞ」の覚悟が必要なのだ。同社のプリアンプとA級パワーアンプの組み合わせとはまた違う世界というか、刺身包丁でスッと切るような日本的美意識すら感じる。もしぼくがどっちかを買うのだったら、10万円高くても大飯食らいでもE-800だろう。ぼくにしたらアンプに100万円も払うのは常軌を逸していると言うか、道楽と言うか、剛の者の仕業と言うかであって、でもそこまでやるならE-5000の「安心できる音」よりも、E-800の「美意識を感じる音」が欲しくなるんじゃないかな。そう思う。
posted by あおのり at 23:04| Comment(11) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
アキュフェーズE-800とE-5000についてのご意見ありがとうございます。最近タンノイカンタベリーを偶然安く入手、ラックスのプリメインアンプで鳴らしているのですが不満、アンプもグレードアップの必要性を感じているところです、北茨城という田舎でオーディオ不便な中で
趣味三昧の老後を過ごしています、マーラーとブラームスが好みですが、最近ジャズも聞き始めました
オーディオ情報いただけると幸いです。
Posted by 大友一男 at 2022年07月31日 16:19
大友一男さま

コメント、ありがとうございます。タンノイ・カンタベリーとは、素晴らしいスピーカーを手に入れられましたね。38cm口径のフロアタイプを置ける部屋をお持ちというのも、うらやましいです。アンプのグレードアップをお考えとのことですが、そういう時間は悩ましくもあり、楽しくもありですね。

都会暮らしの方々は部屋が狭かったり、近所迷惑になったりで、よほど恵まれていないとリスニング環境を確保できません。田舎の方が、オーディオを存分に楽しめるというものです。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by あおのり at 2022年07月31日 18:13
部屋は30歳のころタンノイエジンバラ購入を機に作りましたが変形のリスニングルームになっています、
今思案中なのがアンプの置き場所でワンボディセパレートで済むならそれに越した事はないのですが、、、
今回のグレードアップは当初予算200万円でしたが、CDプレヤーの買い替えにも発展してしまいすでに300万円超えです後100万円ですましたいとこなのです、
カンタベリーは私には不釣り合いなのですが他になく
オーディオ店まで最短2時間、貴殿のベースマンがうらやましいです 
Posted by 大友一男 at 2022年08月04日 11:44
スピーカーは美点にほれ込めば、気に入らないところがあってもつきあっていけますが、アンプは十分に納得しないとつきあっていけない、ここが難しいところですね。納得できるアンプに巡り合えますよう、はるか岩手からエールを送ります。
Posted by あおのり at 2022年08月04日 16:40
おはようございます
貴方の趣味についてのコメントは趣味の定義から始まり読み応えがありますね、パソコンは便利です、世界が広がるので、寝室のミニスピーカーとレシーバでYouTubeからダビングしたJAZZをきいています、貴方のコメントの広い見識なかなか得難いものです、タンノイのミニスピーカーオーケストラは無理でもピアノトリオ等は聞けます、PCでジャズ名曲と検索すると情報が出てきますが、いまいちです、おすすめの曲がありましたら教えてください
Posted by 大友一男 at 2022年08月05日 09:50
こんにちは
クラシック音楽を聴いてきた方が、ジャズ・ピアノを楽しまれるなら、ビル・エヴァンスの演奏が入っていきやすいのではないでしょうか。ソロで弾いている「ダニー・ボーイ」がネットで聴けるようでしたら、お勧めです。
Posted by あおのり at 2022年08月05日 12:12
Posted by 大友一男 at 2022年08月06日 13:34
ビル・エヴァンスのCDワルツ・フォー・デビイ最近購入してました、ダニー・ボーイ早速録音しておきました
ビルのピアノはJAZZ臭さ? があまりないようですね、
JAZZボウカルは私には理解できません、オペラも聞きませんがマーラーの復活や大地の歌はいいです、インパル指揮の第一曲の終わり部分気に入っています,テンシュテットのマーラーもいいです、想像力を搔き立てるので
壮大な物語は毎日には成立しません、ただ一日が静かに
終えられる時間を探しております。
Posted by 大友一男 at 2022年08月06日 14:25
Posted by 大友一男 at 2022年09月08日 14:41
先日はお邪魔しました アキュフェーズE800到着しました オーディオベースマンさんのお勧め正解でした
販売店さんも色々で選択に迷うとこしばしばです
貴殿の文章は何回も行間もよみました、どうもです
上には上がある ですがセパレートアンプ選択までいかずに済みました
Posted by 大友一男 at 2022年09月08日 14:54
ご報告、ありがとうございました。E-800やE-5000クラスになると、性能的にアキュフェーズのセパレートアンプに十分迫っているし、電源スイッチがひとつで済むのもありがたいですよね。ご参考になったようで、うれしく思います。
Posted by あおのり at 2022年09月08日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189251362
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック