2021年11月02日

ヴァーティカルズ・カレンシィ / キップ・ハンラハン    CD

vertical'scurrency.jpg

アメリカン・クラーベを率いるキップ・ハンラハン(perc)の、これは「ポップ・アルバム」だ。スティーヴ・スワロウ(el-b)が導いて、ジャック・ブルースが歌い、ディヴィッド・マレイ(ts)が咆哮する。とんでもなく豪華なメンバーで、言ってみればラテンとジャズとヒップホップのフュージョンをやっている。「ヒップホップ」というのは、「トラップ」というリズムでとんでもない低音の打ち込みも入っている。昔に貸しレコードからカセットにコピーして聴いていたときは、こんな低音が入っているとは思わなかった。ぼくが持っているのは、たまたまSACDのハイブリッド盤だ。(Vertical's Currency / Kip Hanrahan   American Clave 1985)
posted by あおのり at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | フュージョン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189109565
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック