2021年10月31日

CD17 シューマン 幻想小曲集 他

CD17.jpg

最後のCDはアンコール・ピース集なのか、短い室内楽の曲が集められている。いちばん親しまれているは、モーツァルトと同時代に生きた盲目の女性、マリア・フォン・パラディスの「シチリアーノ」だろう。他にもブリテンの「チェロ・ソナタ」も収録されていて、鋭い切れ味を見せつける演奏だと思う。このCDにはどこにもバレンボイムが登場しておらず、心なしかしっとりした演奏になっている。バレンボイムは「ユダヤ教に改宗までさせておいて、病気になったら見捨てるダメ夫」みたいに言われるけど、二人の間のことはだれにもわからない。天衣無縫に弾くデュプレはバレンボイムあればこそ、だったのかもしれない。

box.jpg

ところでこのボックスセットは、ご覧のように横に引き出すと、取り出しやすいようにCDとリーフレットが収められている。箱の造りとしてはかなり工夫されていて良いとおもうのだけれど、妻がフタを上から被せたら、どうやって引っ張っても抜けなくなってしまい、フタの一辺にカッターで切れ込みを入れたら抜くことができた。「こんなにキツいのに、気がつかなかったの?」「だって、すっぽり入ったもん」「………。」くれぐれも、フタを上から被せないように用心してください。
posted by あおのり at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Jaqeline Du Pre
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189104952
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック