2021年10月11日

ラス・フリーマン・トリオ    CD

freemantrio.jpg

原盤はPacific Jazzで、1953年の録音にしては驚くほど鮮明なだ。ラス・フリーマンのトリオ演奏は録音がわずかなので、その意味でも貴重だ。時代が時代だけに、バド・パウエルの影響は色濃く受けていて、もちろんパウエルの超絶スピードはないが、想像力にあふれた明るいプレイを堪能することができる。サポートを務めているのはジョー・モンドラゴン(b)とシェリー・マン(ds)の名手二人だし、フリーマンの自作曲も良いし、これがどうして名盤扱いされてこなかったのか不思議でもある。
(Russ Freeman Trio - featuring Joe Mondragon & Shelly Manne  1953 Avid Jazz)
タグ:PACIFIC
posted by あおのり at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1950年〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189057824
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック