2021年10月10日

オーディオ超絶音源探検隊 / 高崎素行・炭山アキラ

超絶音源.jpg

「ギョッとする音を求めて」「あなたのシステムに挑戦するソフトを大公開!」と挑戦的なサブタイトルだけど、「月刊 stereo」に連載されている「今月の変態ソフト選手権」の記事に、炭山氏のバックロード・ホーンの製作記事と、サンプラーCDをオマケにつけたムックだ。「月刊 stereo」は最近になってマメに買い始めたので、以前の記事を読むために購入した。

本当に過激なのは挑戦的なサブタイトルではなくて、掲載されている音源だ。データ配信モノ(ハイレゾからMP3まで)、SACD、CD、CD-R、USBメモリと、メディアは色々だ。録音、ミキシング、マスタリングで音源の優劣が決まるもので、デジタル録音はメディアの規格などほぼ関係ない、と主張しているのではないだろうか。LPは一枚も載っていないけど、S/N比やダイナミック・レンジ、歪率などのスペックで見たら、LPはもうお呼びじゃないのだ。これもアナログブームでちょっぴり潤っている業界では、あからさまには言えないだろう。でもここでも掲載されているCDの「富嶽百景」(鬼太鼓座)など、とてもじゃないけどアナログLPではあり得ない音なのだ。

中を開けば「バックロード」「バックロード」と連呼されるけど、バックロード・ホーンを使っていなくても、十分楽しめる。録音にまつわるウンチクとか、あるいは「こんな音楽もあるんだ」という発見、それだけでも読んでいられる。ちなみに高崎さんはオンラインショップ My Utakasakiを主宰しており、「当店オリジナル商品」は自衛隊の演習だ。炭山さんは現代音楽と吹奏楽のファンで、実はそういった音楽の布教活動が主たるミッションなのかもしれない。(音楽之友社)
posted by あおのり at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189056120
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック