2021年10月08日

シカゴと23の誓い(シカゴU)     CD

chicago2nd.jpg

このアルバムで、「シカゴ交通局」から「シカゴ」に改称して、ロスを拠点に活動するようになった。デビュー作よりもポップになっているけど、アルバムの統一感があるし、曲も演奏も良い。「反体制派」から「AOR路線」への萌芽が見られるけど、人間いつまでもわめいていられないし、ラヴソング抜きではもたないのが本音だろう。「長い夜」と「ぼくらに微笑みを」のシングルヴァージョンもボーナストラックに収録されているが、やはり名曲だ。テリー・キャス時代の最高傑作かもしれない。(Chicago 2nd  1970)
posted by あおのり at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189051406
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック