2021年10月01日

CD41 ヴィヴァルディ 協奏曲集 「四季」 他 / トレヴァー・ピノック指揮 イングリッシュ・コンサート

41 Vivaldi.jpg

「四季」に続いて、「オーボエとヴァイオリンのための協奏曲」と「2台のヴァイオリンのための協奏曲」を収録しているが、やはり「四季」は大曲である。「四季」と言えばイ・ムジチだけど、この演奏には甘ったるい感じはまるでなく、キビキビとした筋肉質の演奏を聴かせてくれる。リュート奏者のナイジェル・ノースが加わってテオルボで低音を弾いていることも、メリハリにつながっているように思われる。(1982年録音)


posted by あおのり at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Grammophon 111 Red
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189035098
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック