2021年08月06日

マタイ受難曲 / カール・リヒター

richtermatthauspassion.jpg

もう何年も前に、ジャズ喫茶の「不要CD売ります」の段ボールに入っていたのを、1500円でサルベージしたCD。でも3枚組のボリュームに恐れをなして、聴かないまま放置していた。それこそ受難の憂き目に遭っていたが、バッハの最高傑作のそれも決定的名盤として知られている。1958年のステレオ録音で、いまはSACDなどの高音質盤も出ているが、ノーマルのCDでも驚異的に音が良い。キリスト教に興味はないけど、バッハの篤い信仰と畏敬の念には心打たれる。(J.S.Bach Matthäus-Passion / Karl Richter   1958 Archiv)
posted by あおのり at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | バロック・古楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188901612
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック