2022年11月28日

CD32 エルガー チェロ協奏曲 ブリテン チェロ交響曲 / ムスティラフ・ロストロポーヴィチ

32 Rostropovich.jpg

エルガーは1958年の録音で、オーケストラはナタン・ラフリンが振っている。ラフリンが得意とした標題音楽ではないが、録音が少ない人だったので、やはり歴史的録音になるのだろう。聴き物はブリテンがロストロポーヴィチに献呈した「チェロ交響曲」で、実質はチェロ協奏曲なのだろうけど、交響曲のように4楽章ある。1964年の世界初演が録音されており、ブリテン自らが振っている。気合が入り方は並大抵ではないと思うけれど、こんな暗い曲で聴衆は喜んだのだろうか、世界初演は成功だったのか気になる。拍手のところが珍しくていねいに?カットされているので、なおのことだ。オーケストラは両方とも、モスクワ交響楽団。
posted by あおのり at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Legendary Soviet Recordings