2022年09月26日

シーメンスの鉄仮面

ブログ「オーディオベースマン 見たり聴いたり」の「シーメンスのフルレンジ4発スピーカー」で取り上げられていた、シーメンスの「鉄仮面」。お店で聴かせていただいたので、その感想をお伝えします。

鉄仮面は後面開放型の箱にユニットが1発ついているのは見たことがあるけど、2発ついているのは初めて見た。もう箱なんだか、屏風なんだか、壁なんだかわからない大きさに達している。これを置くには当然、広い空間が必要。しかも壁にびったりくっつけてしまっては、後面開放の良さが半減してしまうだろう。

siemens2.jpg
「鉄仮面」は金属製の音響レンズがついている、同軸型10インチのユニット。


初めはキース・ジャレットのピアノ・トリオ。………古色蒼然としている。再生周波数帯域はいわゆるカマボコ型で、細かい音に敏感に反応しているような感じもなく、ハイファイとは真逆の方向だ。透明感のない、ホコリっぽい音。クラシックのオーケストラも、スピーカーが勝手に時代をつけてしまう。とても新しい録音とは、思えない。

それはそうなんだけど……。もしぼくがジャズ喫茶をするのだったら、このスピーカーで鳴らすのが良いと思った。骨格がしっかりしていて、伸びやかな開放感にあふれた音なのだ。大音量にしてもやかましくならず、小音量でも音の輪郭が崩れない。生き生きと音楽を聴かせてくれるのは、「箱」の内圧でユニットが抑制されるのではなく、楽器のようにコーン紙が自由に動く構造だからだろう。ありがたいのは、何時間聴いていても聴き疲れしそうにないことだ。

だれか、家に置こうっていう人はいませんか? 
posted by あおのり at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオ