2022年09月18日

19 ソロ・コンポジションズ 1988 / アンソニー・ブラクストン    CD

braxton19solo.jpg

「カモメのチック」は有名だけど、「カモメのブラクストン」と称されることなく忘れ去られるのだろう。写真から飛行技術の探求に生きた「カモメのジョナサン」を思い浮かべるし、物語とブラクストンの生き方が重なって見えて来る。アルト・サックス一本だけで17の自作曲と2つのスタンダードを演奏したこのアルバムは、マサチューセッツ工科大学でのライヴを中心に構成されており、聴き飽きることがない。突っ走るような、むせび泣くような、途方に暮れるような、さまざまな表現を聴いているうちに、「ひとりでも大丈夫さ!」と孤独が癒される。(19 [SOLO] Compositions, 1988 / Anthony Braxton  Fantasy)

タグ:FANTASY
posted by あおのり at 08:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャズ 1980年〜