2022年09月16日

CD24 ベートーヴェン ピアノ協奏曲 / エミール・ギレリス

25 Gilels 2.jpg

ベートーヴェンのピアノ協奏曲、第1番と第2番を収録。1976年の録音で、指揮は東ドイツ出身のクルト・マズアが務めている。音質は弦の粒立ちがいまひとつでダンゴ状に聴こえるものの、全体としては安心して聴いていられる。ギレリスは剛腕というよりは繊細で奥行きを感じさせる演奏をしており、マズアの間の取り方も素晴らしい。とくに第2番の第2楽章は、息をのむような演奏になっている。ああそれなのに、ソ連録音名物?の咳が入るとは……。
posted by あおのり at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Legendary Soviet Recordings