2022年09月15日

虹の彼方に / 森山威男    CD

overtherainbow.jpg

森山さんは「演歌や童謡が好きだったのに、タイコを叩けるだけで芸大に入っちゃって、友だちと丸っきり話が合わなくて辛かった。ジャズをやるようになったけど、そこでもはまらなくて……」みたいな話を、ピットインでのライヴで話していた。そんな森山さんが、好きな曲を好きなようにやったと思われる演奏。つき合っているのは井上淑彦(ss, ts)、林栄一(as)、板橋文夫(p)、吉野弘志(b)の面々。ブラシのままドシャメシャに叩く森山さん、端正な歌心の井上さん、フリーキートーンとノンブレスで表現力を見せつける林さん、情念で鍵盤を押しこむ板橋さん、伸びやかな音でしっかり支える吉野さん、そしてライヴの雰囲気をそのまま録音した及川公生さん、みなさん素晴らしい。(Over The Rainbow / Takeo Moriyama   1995 Tokuma Japan)
posted by あおのり at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1990年〜