2022年09月05日

ザ・リターン・オブ・アート・ペッパー    LP

returnofartpepper.jpg

「アート・ペッパーが戻って来た」のは、おそらくはムショ帰り。たしか自伝「ストレート・ライフ」にあったくだりでは、この写真を撮影したとき、離脱症状のためにやっと立っている有様だったらしい。麻薬というのは、本当に恐ろしいものだ。このアルバムはアート・ペッパー(as)の他は、ジャック・シェルドン(tp)、ラス・フリーマン(p)、ルロイ・ヴィネガー(b)、シェリー・マン(ds)と、西海岸のオール・スター・クインテットとも言うべき顔ぶれだ。ペッパーの体調は万全ではなかったかもしれないど、シェルドンのトランペットに吹き負けることもないし、「ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド」ではワン・ホーンでじっくりバラードを聴かせる。ラテンナンバー「マンボ・デ・ラ・ピンタ」は好演で、ブルーズが2曲入っているのも良い。

ジャケットの裏面には「audio GRAPHIC」とあり、20〜20,000Hzのレンジを確保しているとある。いまでいうハイレゾなのかもしれないが、当時からこんなにワイドレンジ志向があったとは、ちょっと驚く。でもそんなにワイドレンジなマイクがあったのかどうか、疑問にも思う。ハリウッドのキャピタルスタジオで、録音エンジニアは、ジョン・クラウスという人だ。せっかくの「audio GRAPHC」だけど、コンテンポラリーでロイ・デュナンが録音したレコードと比べると、クリアネスで一歩及ばないようだ。(The Return Of Art Pepper  Jazz West 1956)
posted by あおのり at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1950年〜