2022年08月13日

お外で淹れる

outdoor.jpg

出先で珈琲を飲むときには、小さなミルでぐりぐり豆を挽いている。申し訳ないけど、備えつけのがっちり酸化した凶悪なヤツは敬遠することにしている。アウトドア用のステンレスマグカップに、ダイソーで買った一杯用ドリッパーを載せて淹れると、そこは新鮮な豆だけあって湯沸かし室に香りが立ちこめる。ぼくが山登りするのを知っている人は、「良いですね、山にももっていかれるんですね」などと声をかけてくれるけど、「ええ、そうなんですよ……」と適当にお茶を濁してしまう。

マジに答えると、山登りでこんな悠長なことはしていられない。風で粉が飛んだり、カップに載せたドリッパーが倒れてしまったりする。抽出すればゴミになる。最大の難点はカフェインの利尿作用で、トイレに行きたくなることだ。こっそり「キジ撃ち」で済ませたとしても、しっかり補水しないと脱水症状になりかねない。だから温かいものが欲しい季節には、粒の麦茶を沸かして保温ボトルに入れることが多い。

ちょっとしたドライブに折りたたみの椅子を載せて、のんびり景色を眺めながら珈琲を楽しむのは良いと思う。このごろハマっているのが、「アルコールストーブ」。アウトドアでお湯を沸かすなら、ガスバーナーが手っ取り早いし自分も持ってはいるけど、「ゴーッ」という音がキカイ的で野暮ったいのだ。たしかにアルコールの火力は弱いけど、「エバニュー」のチタン製アルコールストーブは凄い。火力調節できないのと、火消しの蓋がついていないのはマイナスポイントだけど、すぐにお湯が沸く。
posted by あおのり at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 珈琲