2022年08月05日

ガーランド・オブ・レッド / レッド・ガーランド    CD

redgarland.jpg

レッド・ガーランド(p, 1923〜1984)はピアニストとしてデビューする前は、プロのボクサーとして35戦もしていたらしい。マイルス・デイヴィスから声がかかったのは、「アーマッド・ジャマルのように」弾けたこともあっただろうけど、マイルスがボクサーに憧れていたこともあったのだろう。40代でテキサス州に戻り、ローカルなピアニストとして活動していた。ぼくは「グルーヴィー」のLPを一枚しか持っていなかったので、Avid Jazzの2枚組シリーズを買ってみた。

redgarlandofred.jpg

これがレッド・ガーランドの、初リーダー作。なんだスイング・ジャーナルで「大名盤」に扱われていた「グルーヴィー」よりも、ずっと良いじゃないかと思った。「カクテル・ピアノ」と評されることもあるガーランドだけど、ここではホテルのラウンジよりも安酒場に似合うピアノを弾いている。つきあっているのはおなじみのポール・チェンバース(b)とアート・テイラー(ds)だけど、テイラーのブラシはスピード感があって本当に巧い。「だれにでも合わせられる」から売れっ子だったのではなくて、やはり名手だったのだ。(A Garland Of Red / Red Garland  1956 Avid Jazz)
タグ:PRESTIGE
posted by あおのり at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1950年〜