2022年07月04日

危機 / イエス     CD

closetotheedge.jpg

アルバムで3曲しか入っておらず、中でも「危機」は20分近くの大作だ。前作の「こわれもの」と同じメンバーで、さらに曲作りが精緻になっている。演奏も高度だけれど、ジョン・アンダーソンのヴォーカルが光っている。彼はかなり能天気な人らしいけど、だからこその「天使の声」なのかもしれない。シャウト系のヴォーカルだったら、とても20分は聴き続けられない。「同志」(And You And I)は、おそらくはスティーヴ・ハウ(g)が大好きなフォーク(息子を「ディラン」と名づけたほど)を発展させた曲で、アメリカではヒットチャートに食い込んだ。難曲は「シベリアン・カートゥル」で変拍子とポリリズム、さらにはリズムを刻まないベースで、ここまで行くと変態なんだろうけど、ロックの発展形に聴こえるのが不思議だ。

なるべく大音量で、音が広がるようなセッティングで聴きたい。そうでないとちゃちに感じて、しらけてしまう。それとCDに入っているボーナス・トラックは聴いてはいけない。少なくとも続けて聴くのは、NGだと思う。ぼくが持っているのはボックスのCDだけど、つるんとした音が大音量(ダイナミックレンジが狭い)で入っている。リマスタリングでそうなってしまったのだろうけど、本当のところはLPで聴きたいアルバムだ。(Close To The Edge / Yes   1972 Atlantic)
posted by あおのり at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック