2022年05月16日

CD62 ロイスナー リュート組曲集 / コンラート・ユングヘーネル 

62 Reusner.jpg

エザイアス・ロイスナー(1636〜1679)は現在のポーランドに生れ、リュート奏者として名声を築いて、ベルリンでハプスブルグ家のお抱えになった。短い舞曲をつないだ組曲、<アルマンド〜クーラント〜サラバンド〜ジーグ>の順番はこのロイスナーが始めたらしい。収録された6つの組曲のうち5つが短調ということもあって、もの憂い感じに浸る音楽だ。録音は素晴らしく、張りのあるパリッとした音色からは、目の前で演奏されているようなリアリティを感じる。(Esaias Reusner Lute Suites / Konrad Junghänel  1991 Deutsche Harmonia Mundi)
posted by あおのり at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Deutsche Harmonia Mundi