2022年05月09日

コラボレーション・ウェスト / テディ・チャールズ     CD

curtiscounce.jpg

カーティス・カウンス(1926〜1963)は、ウェスト・コーストではリロイ・ヴィネガーとならぶベース奏者だった。ニューヨークにいなかったこと、ソロを取らなかったこと、そして何より早死にしたことで、いまや名前が残っていない名手になってしまった。Avid Jazzの2枚組シリーズは、こういう人も取り上げてくれていて嬉しい。

curtiscouncecollaboration.jpg

アルバム4枚が2枚組のCDに収まっているシリーズで、その始まりからして本人名義ではない。テディ・チャールズ(vib)、ショーティー・ロジャース(tp)、ジミー・ジュフリー(ts, bs)、シェリー・マン(ds)と一緒に吹込んでいる。1曲だけショーティー・ロジャースの曲が取り上げられているが、あとの6曲はテディ・チャールズの自作曲だ。いずれも一筋縄ではいかない、コムズカシイ曲なんだけれども、それでスイングしようというのだから、困った人だ。

テディ・チャールズという人は実験的な音楽をやっていたので人気がないけど、強靭な打鍵と疾走するフレーズからは、非常なテクニシャンだったことが推測される。ショーティー・ロジャースも切れ味の鋭いプレイを披露しており、こんなに巧い人だとは知らなんだ。シェリー・マンのスティック(ブラシやマレットではなく)も、冴えわたっている。肝心のカウンスの音が控えめなのがちと残念だが、堅実なプレイでソロを支えている。このアルバムはほとんど世に知られていないようで、何とか陽の目を見せてやろうという心意気で収録されたのではないだろうか。(Collaboration / Teddy Charles  1953 Avid Jazz)
タグ:PRESTIGE
posted by あおのり at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1950年〜