2022年01月28日

ゴー・マン / ソニー・クリス    CD

goman.jpg

ソニー・クリス(as, 1927〜1977)はチャーリー・パーカーの後を追った人だけど、ルー・ドナルドソンやソニー・スティットなどに比べて影が薄かった。来日直前にピストル自殺を遂げたのは、過小評価に絶望して……とも言われている。テクニックはあると言うかあり過ぎで、フルトーンで鳴り渡る。「哀愁を感じる」という人もいらっしゃるようだけど、コテコテのど演歌の哀愁だ。フレーズも粘っこくて、ワン・アンド・オンリーなのは敬服するけど疲れてしまう。しゃれたジャケットと、ソニー・クラーク(p)、ルロイ・ヴィネガー(b)、ローレンス・マラブル(ds)の面子に惹かれて購入したものの、あまり聴かないでいる。(Go Man! / Sonny Criss   1956)
posted by あおのり at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャズ 1950年〜