2022年01月22日

ミスター・リズム / フレディー・グリーン    CD

alcohnmrrythm.jpg

フレディー・グリーン(1911〜1987)は、カウント・ベイシー楽団のリズムを奏でたギタリストとして有名な人だ。なみのピックギターのボディ幅は16インチで、ギブソンの豪華版スーパー400ですら18インチのところ、ストロンバーグの19インチギターの弦高をさらに上げて、3弦だけ弾いてもビッグバンドをスイングさせる音量をかせいでいた。もちろん、ピックアップやアンプのない時代から。よく「四つ刻み」とは言われるけど、この人がやるとそんな単純なものではない。絶妙な前倒しでスイングさせて、音も一拍ずつ変えている。なみの人ができる芸当ではないけど、分かる人にしか分からない。アル・コーンはテナーと編曲で参加して、ベイシー楽団の仲間たちもつきあっている。自分名義のアルバムでもソロは取らずにリズムに徹しているが、12曲中の8曲を自分で書いている。中間派のコンボ作品として楽しめる。(Mr.Rythm / Freddie Green  Avid Jazz 1956)
タグ:RCA
posted by あおのり at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1950年〜

CD29 天使の声 フランシスコ・ゲレーロ 宗教合唱作品集 / アンサンブル・ラ・セスティーナ

29 Guererro.jpg

フランシスコ・ゲレーロ(1695〜1764)はスペインの著名な歌手、作曲家だった。聖地エルサレムへの巡礼で誘拐され、身代金を払ってもらって帰国できたまでは良かったが、無一文になって税金を払うことができずに収監された。でも手記を出版してベストセラーになり、波乱万丈の人生を送った人だ。この録音は無伴奏の合唱作品で、ソプラノ2人、カウンター・テナー2人、テナー2人、アルト2人と、高めの編成で歌われている。ゲレーロは機能和声(コード進行)を意識していたとされており、聴き易い。このジャケット通りに美しく、心安らかな歌唱だ。(Francisco Guerrero  The Angel's Voice / Ensemble La Sestina - Adriano Giardina  2011 Deutsche Harmonia Mundi)
posted by あおのり at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Deutsche Harmonia Mundi