2022年01月03日

CD22 シェーンベルク/シベリウス ヴァイオリン協奏曲 / ヒラリー・ハーン エサ・ペッカ・サロネン指揮 スウェーデン放送交響楽団

22 Hahn.jpg

シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲は、ハイフェッツがあまりの難しさに初演を断ってしまったらしい。十二音階技法で書かれた超難曲を、ハーンはブレることなく弾き切っている。この人はヴァイオリンの音自体が透明感のある温かみがあって、とても良いと思う。シベリウスの方が旋律を追えるので、楽しく聴くことができる。オーケストラがもう少したっぷり響けば……とは思うけど、ハーンの演奏は真っすぐで申し分なく素晴らしい。(2008年)
posted by あおのり at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Grammophon 111 Yellow