2022年01月01日

ウィッシュ / 大石 学     CD

wish.jpg

澤野工房の100枚目を飾ったのは、レーベルのオーナーが一目惚れしてフランスまで引っ張っていった、大石学(p)だった。かの地のベーシスト、ドラマーと「全てをワン・テイクで録る」と臨んだ録音は、曲に没入するような集中力に裏打ちされたものとなった。ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」の1曲目、あまりにも聴かれてしまっている「マイ・フーリッシュ・ハート」は、三人がそれぞれエヴァンス、ラファロ、モチアンに想いを寄せているのだろう、しみじみと沁みてくる。録音は鮮明でナチュラルだけど、ドラムスがわずかに引っ込みがちに感じる。(Wish / Manabu Ohisi Trio   Sawano 2010)
タグ:Sawano
posted by あおのり at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 2010年〜