2021年10月31日

オーディオ超絶音源探検隊 付録CD

stereomook.jpg

高崎素行・炭山アキラ 「オーディオ超絶音源探検隊」についていた、CD。40分ちょっとに10トラックが入っている。最後の3トラックは高崎氏が商品化しているCDのサンプルで、自衛隊の演習が収録されている。「音量にご注意ください」とあるが、こんなものを聴いているのが周囲にバレたら恥ずかしい音源なのだ。ただでさえ歌舞音曲に現を抜かす不逞の輩、あるいは得体の知れない装置に注ぎ込む穀つぶしと思われている?のに、「人殺しの練習を聴いて喜んでいる」となったらもう大変なのである。

音楽として魅力を感じる曲もあるにはあるが、個人的にはハズレが8割と言った感じか。「バックロードホーン・スピーカーを相棒に」の副題を無視して、コンパクトな2ウェイとサブウーファーで聴いているせいなのかな、いやそうじゃないと思うけど……。
posted by あおのり at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

CD17 シューマン 幻想小曲集 他

CD17.jpg

最後のCDはアンコール・ピース集なのか、短い室内楽の曲が集められている。いちばん親しまれているは、モーツァルトと同時代に生きた盲目の女性、マリア・フォン・パラディスの「シチリアーノ」だろう。他にもブリテンの「チェロ・ソナタ」も収録されていて、鋭い切れ味を見せつける演奏だと思う。このCDにはどこにもバレンボイムが登場しておらず、心なしかしっとりした演奏になっている。バレンボイムは「ユダヤ教に改宗までさせておいて、病気になったら見捨てるダメ夫」みたいに言われるけど、二人の間のことはだれにもわからない。天衣無縫に弾くデュプレはバレンボイムあればこそ、だったのかもしれない。

box.jpg

ところでこのボックスセットは、ご覧のように横に引き出すと、取り出しやすいようにCDとリーフレットが収められている。箱の造りとしてはかなり工夫されていて良いとおもうのだけれど、妻がフタを上から被せたら、どうやって引っ張っても抜けなくなってしまい、フタの一辺にカッターで切れ込みを入れたら抜くことができた。「こんなにキツいのに、気がつかなかったの?」「だって、すっぽり入ったもん」「………。」くれぐれも、フタを上から被せないように用心してください。
posted by あおのり at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Jaqeline Du Pre