2021年10月21日

シカゴV   CD

chicago3rd.jpg

シカゴの3作目のアルバム。デビューから2枚組のアルバムを3回、リリースしたことになる。シングルカットは「Free」と「Low Down」の2曲で、5曲目からは3つの組曲となっている。カントリーから正調アメリカン・ロック、ファンク、プログレ、フリー・ジャズ、果ては詩の朗読まで幅広くカバーしており、アレンジも多彩になっている。ポップになっていった前作からの揺り戻し(批判されたのかもしれない)を通り越して、破天荒というか、「俺たちにはこれだけの引き出しがあるんだぜ」とひとつひとつ開けて見せたような作品だ。ホーンは使いどころを限って咆えており、より効果的になっている。(Chicago 3rd  1971)
posted by あおのり at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック

CD52 空と海 / ローランド・ヴィリャソン  ダニエル・カッレガーリ指揮 ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団・合唱団

53 Cieloemar.jpg

牛乳で言えば「特濃」クラスのキャラクターか。響き渡るけど、引き締まった声は魅力的だ。12人の作曲家による14のアリアを歌っているが、名前が分かるのはヴェルディとドニゼッティだけで、他は知らない作曲家だ。あまり知られていない曲ばかりなのだろうが、気合の入った歌唱でアルバムを通して聴きたくなる。素晴らしいデザインなのに、右上の視線の先に黄色いラベルを張りつけたのはドイツだ? せめて左下でしょう。(2007年録音)
posted by あおのり at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Grammophon 111 Red