2021年10月18日

1950〜60年代のジャズを聴く(フォノイコライザー編)

phonoequorizer.jpg

フォノイコライザーはアンプにも搭載されているけど、カーブ切り換え機能がついた単体のものを使うことができれば、それに越したことはない。以前は合研ラボ製をオーディオラックに入れていたけど、薄くて小さいので、いまはレコードプレイヤーのそばに設置している。この方が操作性が良い。ラックの隙間に、2mm厚のアルミ板を加工してもらって桟の上にわたしている。AES(ブルーノート)、RIAA、コロンビアの3つを切り換えられれば、ジャズは用が足りるのではないだろうか。FFRR(デッカ)もついているけど、ぼくはクラシックのLPは持っていないので使わbない。

フォノイコライザーにカーブの切り換え機能がついていないのであれば、頼みの綱はアンプのトーンコントロールだ。昔のアンプは、レコードによる音質の違い(←実際はカーブがRIAAだけじゃなかった)をカバーする意味もあって、トーンコントロールがついていたのだと思う。レコード会社ごとに、たとえばブルーノートだったらBASSをこのくらいに絞るとか、調整する。ブルーノートはルディ・ヴァンゲルダーがデジタルリマスタリングに精を出していたので、そういったCDとレコードを比べて、CDに合わせて行けば良いと思う。ちなみにヴァンゲルダ―は「レコードに良いことなんか一つもなかった」と、CD大歓迎だった。その彼がリマスタリングしたのだから、帯域バランスはCDの方がヴァンゲルダ―の思い通りになっていると思う。
posted by あおのり at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ

CD13 ブラームス チェロ・ソナタ第1番、第2番  ボッケリーニ チェロ協奏曲

CD13.jpg

ブラームスのチェロ・ソナタは、夫のバレンボイムがピアノを弾いている。ボッケリーニの協奏曲も、やはりバレンボイムがイギリス室内管弦楽団を振って伴奏をつけている。ブラームスの伴奏はバレンボイムの繊細さがよく出ているというか、ピアノなのにあたかも協奏曲でオーケストラの弦が鳴っているようにも聴こえてくる。ハイドンと同時代に生きたボッケリーニの協奏曲は、憂いをたたえた優しい雰囲気だ。
posted by あおのり at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Jaqeline Du Pre

ムーン・ジャームス / ジョー・ファレル    CD

moongerms.jpg

LPが行方不明になったまま、ずっと聴いていなかった。「Blu-Spec CD」で再発されたので、買ってみた。トレイにセットしたら、演奏時間が31分……。短くても強烈な印象を残した、優秀盤だったのだ。これでもかとアレンジされたCTIの典型ではなくて、むき出しのストレート・アヘッドなジャズで、ジョー・ファレル(ss, fl)の他にはハービー・ハンコック(key)、スタンリー・クラーク(b)、ジャック・デジョネット(ds)という、ちょっとあり得ない豪華な布陣。全員がムキになっていて、「ジャズ」で発散しているように聴こえるのが微笑ましい。

ライナーノートに書かれていたのは、当初はキース・ジャレット(p)とトニー・ウィリアムス(ds)で録音されたものの、キースが自分のプレイに納得できずにボツにしたのだとか。キースの死後には、コンプリート盤になってそのセッションが日の目を見るかもしれない。それまで生きていないかもしれないし、「盤」そのものがない時代になってるかもしれないけど、出たら買います。(Moon Germs / Joe Farrell  1972 CTI)
タグ:CTI
posted by あおのり at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ 1970年〜